お道と臨床と~心づくりのたね~

お道(天理教)と臨床心理学の視点を含めて,まおという人間が考える日々の通り方や考え方について綴っています.日記風なこともわりとあります.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

あいこの趣味 

090321.jpgあいこが最近趣味として裁縫に凝っているようです.

これが7作品目になりますが,他にも色々作っています.裁縫は生活にも直結しますし,物を生かすことにもつながりますので,ほんといい趣味を見つけてくれたと思います.

これからの作品に乞うご期待!



・・・そういえば過去こんな作品もありましたね.
手作り体重フモフモさん

手作り体重フモフモ
スポンサーサイト

手作り体重フモフモさん 

披露宴会場の入口を飾り,披露宴の最後にはそれぞれの母親に贈られた体重フモフモさん(ウェイトフモフモさんか?),今日はその作り方を紹介したいと思います.あいこが書く気配がありませんで,結局まおが記述です.

まずフモフモさんの紹介からしなければなりません.フモフモさんは雲の上の生き物でして,くてくてしています.これまでに様々なフモフモさんが確認されているようです.詳しくは「フモフモさん研究室」を見てください.ぬいぐるみとしても様々な種類,サイズのフモフモさんがリリースされており,今回ウェイト人形として選ばれたのは「すもも」といううさぎ系の1Lサイズです.すもも1Lで通ります.フモフモさん1L

はじめ,あいこは体重ベアを作ろうとしていたのですが,くまではありきたりなのでフモフモさんにしようと私が提案したのです.シナダに問い合わせ,1月26日にすもも1Lがわがやに到着しました.2つともほとんど同じ顔をしていました.フモフモさんが到着した段階で私の役目は終了しており,あとはあいこ任せです.

さて,問題の作り方ですが,まず,あいこはぬいぐるみ用の中に詰めるおもりをホームセンターで買ってきたようです.すももの背中にはさみで切り込みを入れ,中に入っている綿を取り出します.代わりにおもりを詰めて,それぞれを2人の出生体重にします.切り目を糸で縫います.それに羽織袴と白無垢を着せて完成です.あっさり書いていますが,きっとこの着物作りが大変なのだと思います.実は羽織の紐だけ私が結んでいます.礼人服をよく着るので,その結び方にしてみました.

気になる製作費用ですが,フモフモさん1Lは各1800円,着物は100均の布ですので,2体で計4000円程度でしょうか.出来合いの体重ベアを買う,あるいはキットを買うよりはリーズナブルですし,何よりあのフモフモさんでウェイト人形を作ったというところに計り知れないオリジナリティがあるように思います.

あいこの母にも大層気に入っていただいて,フモフモさんはお母さんのお部屋(かつてのあいこの部屋)にいるようですし,うちのも台所のテレビの隣にいます.あの表情,あの肌触りは「癒しの王様」といっても過言ではないと思います.『この表情,この肌触りこそ王様よ』と言いたいです.どうぞ皆さんも巷で見かけたら是非触ってみてください.

また,これから結婚式を迎えられる方,これを読んで体重フモフモにひかれ,作りたくてどうしようもなくなっているかもしれませんが,あまりおすすめできません.フモフモさん1Lは大きさも48cmと新生児に近いサイズとなっており,なんといっても既述の通り,癒し系です.ご両親も心安らぎ和むこと間違いなしなのですが,なんといってもあのかわいい体にハサミを入れる心の痛みといったら,尋常ではないようです.この想像を絶する痛みに耐えられるならばいいのですが,たいていの人はこの痛みを想像しただけで鋏ハサミを入れることをためらい,体重フモフモ製作を諦めてしまうでしょう.ですから,おすすめできないのです.あいこは後の喜びのために,あえて涙をのんでハサミを入れ,苦痛を乗り越えたと聞いています.すべては親を思う子の心から・・・.あいこが親のために運んだ真実は届いたでしょうか.

【ウエディング,結婚式,披露宴,贈り物,手作り体重フモフモさん,手作りウェイトフモフモさん,自作,作り方】

手作り体重フモフモ


以下は関連記事になります.
披露宴の準備
手作り招待状
手作りヒストリービデオ
手作りペーパーアイテム(その他)

手作りペーパーアイテム(その他) 

080513.jpg当日,参加者に配る席札,メニュー表,プロフィールなどもすべて手作りでしました.
これも招待状同様,プリマージュのテンプレートを編集して作りました.これはさほど労力もいらず,わりと短時間でできました.連休中にやりましたかね.紙代も非常に安く,リーズナブルにできあがりました.会場に頼むのもきれいで素晴らしいですが,こうした手作りもまたいいと思います.参加者に気持ちも伝わるでしょう.

以下は関連記事になります.
披露宴の準備
手作り招待状
手作りヒストリービデオ
手作り体重フモフモさん

手作りヒストリービデオ 

披露宴で流すvideoを製作中であります.祖父に続く第2弾というところでしょうか.もうほとんど完成していまして,最終のテロップの微調整程度で終了となります.

今回もなかなか時間とエネルギーを注ぎ込んでいます.最初,祖父と同様にWindows フォトストーリー3InterVideo WinDVD Creatorを用いて作成していましたが,ウェディングビデオマジックというソフトの体験版が20日間すべての機能が使い放題であったので,20日間で終了させるつもりでダウンロードしてみたのですが,いざ使ってみるとBGMの設定などに融通が利かなくてやめました.

再度,先述の2つのソフトでやろうと思ったところに,医局の先生がデジカメde!!ムービーシアター2 (リンク先はVer.3です)というソフトを貸してくれまして,それを使って製作することにしました.慣れるまでは祖父と同様のソフトでいいんじゃないかと思いましたが,やはり有料ソフトだけあってエフェクトやテロップのパターンが豊富にあり,なかなかの作品に仕上がりそうです.ただズームやパンの範囲指定ができないところが不便なところではありましたが,試行錯誤してなんとかある程度納得のいくものにしました.構成などについても触れたいのですが,当日の上映が終わってからネタばれさせるということで今は書きません.

今回何でこんなに頑張っているかと言いますのは言わずと知れた新婦と新婦のご両親のためです.信仰のないご家庭から娘さんをいただくということもあって,自分たちで時間をかければできることであれば取り組ませていただき,少しでもご両親に喜んでいただきたいという思いがあります.もちろん,それは披露宴だけでなく今後一貫して抱く思いではありますが,門出の場でもその思いを抱いていただければより幸いに思います.また,私自身の価値観ですが,披露宴は誰が為にあるか?というと「互いの両親と新婦」にあると思っています.新郎はそれに応えさせていただく立場で十分です.(と言っても若干の自己主張はさせてもらいましたが・・・.)至らない自分にどこまでできるかわかりませんが,周囲の力も借りながらよい挙式と披露宴を迎えたいと思います.残り3週間ちょっとですね.


関連記事として以下も閲覧ください.
スライドショー製作過程(祖父50日祭用)
披露宴の準備
手作り招待状
手作りペーパーアイテム(その他)
手作り体重フモフモさん

手作り招待状 

招待状手作りでなんとかなるものはたとえ時間がかかっても手作りでさせていただこうと思い,招待状は手作りのものをこしらえました.すでに発送して出欠の返信はがきも揃いましたが,その作成過程について綴りたいと思います.

まず必要な招待状は38部でした.

① 招待状本紙
② 台紙
③ とじ紐
④ 会場案内図
⑤ 付箋
⑥ 出欠はがき
⑦ 封筒

まず①招待状本紙はプリマージュというサイトにペーパーアイテム一式分の無料テンプレートがありましたので,それらをダウンロードし,変更が必要なところだけ変えました.それをA5サイズ普通紙に印刷して完了.
②台紙はホームセンターで20枚入りで210円の用紙を2セット買うことで対応.
③とじ紐はホームセンターで370円ほどで売っていた紐を買いました.台紙の上に本紙を重ねてとじ紐で閉じることで招待状は完成.
④会場案内図は会場よりサンプルを1部もらったのをスキャナで取り込んで印刷して完了.
⑤付箋は283円のインクジェット対応の和紙っぽい感じの紙を買って,それに式の時間案内や料理の案内などを印刷して完了.
⑥出欠はがきは50円の官製はがきにプリマージュのテンプレートに修正を加えて印刷することで対応.
⑦封筒はダイソーで20枚入りのを2つ買うことで対応.印字はプリンター.彼女の希望でフォントはあんずもじ

インク代は計算できないので入れていませんが,これらすべてあわせても1671円.1部あたりわずか44円です.残った用紙を除外するとわずか1部30円という安さです.ちなみに会場に頼むと1部あたり560円くらいかかりますので19000円ほどの節約になっています.こんなに頑張っても2万弱かという感じは否めませんが,それ以上に時間と心を費やした手作りというところがやはりお金には換えがたいかなと思います.結構仕事していると時間がなくて会場任せにしてしまうというのがほとんどでしょうからね.

手作りでもそれなりのものできますよ.もちろん会場が用意するものとは紙の質などは圧倒的に劣りますが,送ったあと友人に手作りだよと言ったら「そうなの!?」と言っていたので意外と気がつかない人もいるんのかもしれません.手作りか出来合いか迷われている方がいましたら是非当該記事をオススメください.

関連記事として以下も閲覧ください.
披露宴の準備
手作りヒストリービデオ
手作りペーパーアイテム(その他)
手作り体重フモフモさん

披露宴の準備 

結婚式は教会(わがや)でやりますが,披露宴は結婚式場を借りてやります.

というのも,私の伴侶となるお相手は元々はお道の信仰者ではありませんでしたので,ご両親をはじめご家族一同無信仰であります.自教会で式を挙げるのは祖父母をはじめ,両親,私のかねてからの願いでしたので,結婚のお許しをいただくご挨拶にうかがった際に天理教式の結婚式を認めてもらえただけでもありがたかったです.

未信者のご家庭の娘さんをお嫁にいただくわけですから,さすがに披露宴も教会でというわけにはいかないと思い,式場を借りての披露宴ということになったのでした.式場を選ぶにあたっても色々な葛藤がありましたが,自分の在り方・考え方を頑なに守ることよりも,感謝とご恩返しに彼女を育ててもらったご両親に喜んでいただくことの方が親孝行の種になるかと思い,事を進めています.

しかし,やはりお道の教会らしく無駄な出費はせずにできるだけ真心を込めて参加者を迎え喜んでもらえる披露宴にしたいという思いから,自分たちでできることはなるべく自分たちの手で準備しようと思い,現在進行形で色々な準備を並行させています.

具体的には
  1. 招待状一式(発送済)
  2. 席札
  3. プロフィール表
  4. メニュー表
  5. 席次表
  6. ブーケ(完成済)
  7. ブートニア(完成済)
  8. ヒストリーDVD(製作中)
  9. エンドロール
  10. 花束
  11. ○○○○○○(製作中)
などを手作りにしています.これだけで相当節約になっています.1~5,8~9はPCを使う作業なので専ら私の担当,残りは手先の器用さがものをいう作業ですので完全に彼女の担当となっています.

また,それぞれについても,概算費用や経過を記事と綴りたいと思います.今後,手作りでこれらを考えてらっしゃる方は参考にしてもらえれば幸いです.お金をかけずとも十分よいものを作れます.(といっても,それでも他のところでビックリするくらいお金かかりますけどね.)

「ウラガン,あの壷をキシリア様に届けてくれよ,あれはいいものだ」と言って逝ったマ・クベの台詞をふと思い出しました・・・.


関連記事として以下も閲覧ください.
手作り招待状
手作りヒストリービデオ
手作りペーパーアイテム(その他)
手作り体重フモフモさん

スライドショー製作過程 

まず今回のスライドショー作成にあたって私がやりたかったことは以下の4つです.

①祖父の人生を辿る形で写真を自動で送るムービーを作ること
②写真だけでなく,写真と同時に写真の上下にコメントも表示すること
③写真は単に静止画として見せるだけでなく,ズームやパンを入れて写真に流れをつけること
④高画質で構成すること


もちろん一切お金をかけないでやることが大前提ですので,祖父の大量の写真からスライド用の写真を選定する傍ら作成ソフトの選定も行わなければなりませんでした.

ネットで検索するとWindows フォトストーリー3Windows ムービーメーカーなどがフリーソフトでありました.また,PCを見るとInterVideo WinDVD Creatorというソフトも入っていました.

わりと操作が簡単そうなフォトストーリーに手をつけ作成すると,それなりのものが作れました.しかし,フォトストーリーはズームやパンを入れるとコメントもその対象になってしまうという欠点があり―つまり,例えると写真に直接コメントを書き込むということです.私が求めていたものは写真を映すレンズにコメントを書き込むということだったのです―②と③を同時に満たすということができませんでした.

とりあえずフォトストーリーでコメントをつけずに作成したWMVファイル(①③④満たす)をムービーメーカーで読み込んで,そこにコメントを表示しようと試みましたが,ムービーメーカーはコメントが中央あるいは画面のやや下に表示されて,最上部や最下部に表示させることができませんでした(私がやり方を知らなかっただけかもしれませんが,一通りいじってみてできないように思われました).最上部や最下部に表示できないと被写体の表情などを映す妨げとなるのでやむを得ずその方法は却下となりました.

残すはInterVideo WinDVD Creator,これもフォトストーリーでコメントをつけずに作成したWMVファイル(①③④満たす)を読み込んで,そこにコメントを表示しようと試みましたが,これはまず操作がよくわからないのと,PCのスペックオーバーで重くてプレビュー機能が十分に使えないというのがあって,非常にストレスの溜まる作業となりました.しかし,フォトストーリーで満たすことのできなかった②と③を同時に満たすことができました.

これで万々歳かに思えましたが,ファイルを出力してみると解像度がフォトストーリーよりも小さい設定しかないので,完成した作品はフォトストーリーと比べると画質が劣り,若干ぼんやりとするような感じになってしまいました(④が満たせず).しかし,多少画質は落ちてもズームやパンが入る方がいいと思い,こちらを採用することになりました.

一度フォトストーリーで編集して出力してから,WinDVD Creatorで読み込んで編集して出力するという二段構えなので,写真や全体の構成に修正を加えるときには最初のファイルから修正にかからねばならなくて,かなり手間のいる作業となりました.ようやくできた作品を末弟とその彼女に見せると,コメントがフェードになっているので表示時間が短いと言われ,コメントをすべて編集し直して・・・と何回もプロトタイプを作りました.RX-78ガンダムでさえ3号機までなのに私は6号機か7号機くらいまで開発しました.もはや開発者のテム=レイやマグネット・コーティングのモスク=ハン博士なんて目じゃありません.

そんなわけでかなりの時間を費やしたのですが,その甲斐あってかそれなりにいいものができたような気がします.当日映し出すプロジェクターも病院の事務長に話したら快く貸し出してくれるというので,ありがたかったです.ただ真昼間に映すので明るい神殿をどう映せる程度に暗くするかというのが残された課題です.とにかく,今週末には再生です.間に合ってよかったです.
FC2カウンター
最近記事とコメント
気軽にコメントください.
全ての記事+過去ログ

2015年 12月 【4件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【3件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【5件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【15件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【17件】
2011年 04月 【38件】
2011年 03月 【41件】
2011年 02月 【42件】
2011年 01月 【20件】
2010年 12月 【18件】
2010年 11月 【15件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【14件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【15件】
2009年 12月 【16件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【15件】
2009年 09月 【19件】
2009年 08月 【17件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【15件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【16件】
2008年 10月 【23件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【28件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【28件】
2008年 02月 【26件】
2008年 01月 【27件】
2007年 12月 【24件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【34件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【30件】
2007年 05月 【33件】
2007年 04月 【35件】
2007年 03月 【45件】
2007年 02月 【37件】
2007年 01月 【39件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【27件】
2006年 10月 【37件】
2006年 09月 【24件】
2006年 08月 【20件】
2006年 07月 【16件】
2006年 06月 【21件】
2006年 05月 【13件】
2006年 04月 【6件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【6件】
2005年 12月 【9件】
2005年 11月 【5件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【4件】
2005年 01月 【12件】
2004年 12月 【9件】

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター