お道と臨床と~心づくりのたね~

お道(天理教)と臨床心理学の視点を含めて,まおという人間が考える日々の通り方や考え方について綴っています.日記風なこともわりとあります.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

父 

未読の方は以下の関連記事も閲覧ください.
お父さんのこと
父と私と雅楽
私と雅楽

今日は父の命日です.父への感謝と尊敬をもって綴ります.

私は父を尊敬しています.しかし,それをより感じるようになったのは皮肉にも父が出直した後であったかもしれません.
うちのような小さな教会を支えていくことはすごく大変なことです.しかし,15歳から23歳で父が出直すときまで教会を離れていた私には,それを目の当たりにする機会が少なかったように思います.それは母からも時折言われることですが.

父は家族には寡黙でしたが,子煩悩でした.どんなときでも子どものことを一番に考えていたと母より聞いていますし,私もそのように感じます.しかし,怒ると目が三角になり本当に怖かったです.今でも兄弟で「父さん怒るとすげー怖かったよな」「あの三角の目ありえねーよ」などという話になることもあります.もちろんにこにこしているときも多かったですけどね.芯のあるどっしりした頼れる父でした.外でも優しく人の話によく耳を傾け,信頼される人であったと聞いていますし,出直し後,父の知人と接した上からもそうだったのかなと思います.

神様から様々な身上や事情もいただき,自身は苦労を抱えながらもそれを私たちに漏らすこともなく,私たちには笑顔で接し,お道の人間としての手本となってくれました.母より「神様から家族へのお手紙をお父さんが一身で引き受けてくれているから皆は健康に過ごさせてもらえてるんだよ」と聞かされ,大変だなぁと思うと共にありがたいなぁと感謝の念を抱いていました.

雅楽をすすめてくれたのは父でした.勉強だけで高校生活が終わるのは嫌だった私にとってそれは学生生活の楽しみとなりました.臨床心理への道を決定づけてくれたのも父でした.私は願書提出前に臆病風に吹かれ,落ちたら嫌だから社会福祉に進むと言ったときに「ダメだ.臨床心理へ進め」と尻を叩いてくれたのは父でした.あのとき,「おまえのしたいようにしたらいい」と言われていたら私は臨床心理士にはなっていなかったでしょう.父に感謝です.私が資格をとって働くのを誰よりも楽しみにしていたでしょうにその姿を見せられなかったことは残念でなりません.

子どもの人生の要所要所で父としての威厳を見せ,その役割を見事に果たしてくれていました.地元の高校へ行った兄弟2人が部活を辞めたいと言ったときも絶対に辞めさせませんでした.辞めるなら学校も辞めろと言ったほどです.その強さのおかげで彼らは部活を続けて,卒業時にはよい就職先に縁がありました.末弟の卒業時まで生きられなかったのは残念に思いますが,それでも末弟が就職も決まり,高校卒業間近でしたので,子どもたち5人が自分の力で自らの人生を歩むまで見守り育てあげてくれたことになります.その役割を終えての出直しだったのかもしれません.むしろ身上を抱えながらもそこまで生かさせていただいたことに感謝しています.

父に対して悔やんでいることがあります.私がまだ大学生の頃,教会に帰った際,父に「まお,一緒に酒でも飲むか」と誘われたことがありました.当時の私と言ったら,友人とバカ騒ぎする飲み方しか知らなかったもので「父さんと飲んでもつまらないからいいよ」と気乗りせず断りました.別に飲むのが嫌だったわけでもないですが,父さんとじゃバカ騒ぎはできないよなぁという浅はかな思慮からだったかと思います.私の方は何も気にしていなかったのですが,父はそれをけっこう気にしていて,以来私に飲もうと声をかけにくかったらしいのです.それでも,私がたまにビールを飲んでいると,「父さんももらおうかな」と少し飲んだこともありました.肝臓を患っていたのであまりお酒はよくなかったんですけどね.

出直した年の正月,元旦の献餞をした後,父が珍しく「よし皆で飲もうか」と誘ってきました.23歳になり,とうにバカ騒ぎなど卒業してまったり飲むことに慣れていた私にはむしろありがたい誘いでした.そして子どもたちとお酒を飲んだのです.思えばそれが父と飲んだ最後のお酒でした.このときのことを父は喜びながら母に話していたということです.それからわずか13日後に父は出直したのです.通夜の晩,棺の前で私は父のグラスを置き,一緒に乾杯をしました.そして父に語りかけたことを覚えています.「何でつまらないなんて言ったのだろう」「父さんもそんなのいつまでもひきずるなよ」などと悔やんだものです.もっと飲む機会を作ればよかった.声をかけてあげればよかったと後から後から悔恨の念が沸いてきました.生きていれば何度でも父と飲んで語りたい,そう思います.自らの思いを子どもたちに何も聞かさずに突然出直してしまったので,私にはその機会は今でも喉から手が出るほどほしいです.もはやかなわないことですが.しかし,これも親神様の深き思惑あってのこと,この節がまた教会の,あるいは各々の成人につながったに違いありません.

生前は苦労を重ねた父ですが,その中にも喜びを見つけて通っていたことと思いますし,その父の苦労があったからこそ,今の家族や教会の姿があるのだとしたら,御霊となった父は,その苦労の先に楽しみを見つけられたのだろうなぁと思います.また「苦労は先の楽しみ」という言葉は何も一代にして顕れるものではないのかもしれません.縁やいんねんありて紡がれし家族や教会ですから,それは先の代に実を結ぶということもあることと思います.

中島みゆきの「命のリレー」という曲の一節にこんな歌詞があります.
「この一生だけでは辿り着けないとしても 命のバトン掴んで 願いを引き継いでゆけ」
まさにそのことを示唆しているように私には思え,私はそれを聴いたとき涙しました.(通勤中だったので浸ってるわけにもいきませんでしたが・・・.)こちらにこの曲の歌詞をアップしておきますのでよかったらリンク先を見てください.

父の出直しも成るべくして成っていることだと思いますし,その哀しき出来事にも意味を見つけ心におさめていくことが信仰と思います.それがあって今があるのなら,それは必要なことだったのでしょう.人生にifはないのですから.今あるご守護に喜びを見つけていくことが肝要かと思います.

話がそれましたし,まとまりを欠いていますが,父について思うことを連想的に綴ってみました.


>>最後までありがとうございます.
>>読み終えたら1クリックお願いします⇒人気blogランキング
>>PCでご覧の方はこちらもクリックお願いします⇒日記@BlogRankingFC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト
読んで涙が止まりませんでした。
月並みなことしか言えないですが、今のまおさんの姿を見て、お父様は満足されていると思います。出直されて、今目の前にはおられないけれど、この世に生きている者が忘れない限り、その人は生きていますよね。
自分がこんなにまおさんの記憶に残って、さらにまおさんが自分から教えまで得ているなんて…お父様は大満足だと思います。
私の両親はまだ健在なので、まおさんの教えを受けて、もっともっと両親、祖父母、家族との時間を大切にしようと思います。忘れがちなことを思い出させてくれてありがとう。
今は、今しかないですよね。
[ 2007/01/13 20:08 ] [ 編集 ]
ここ何日間のお父さんへの想いを読ませていただいて、本当に感動しました。またそれと同時に自分の未熟さというか自分が恥ずかしくてなりません。

いつもまおさんには大切なこと教わっている気がします
本当にありがとうございます

まおさんのブログを1人でも多くの人に見ていただきたいと思ったので、勝手に僕のブログにリンクさせてしまいました
事後報告で誠に申し訳ありません。
気に入らなければ直しますので言って下さい
[ 2007/01/13 22:51 ] [ 編集 ]
>なほさん
お久しぶりです.ありがとうございます.誰かのイメージの中ででも父の姿が描かれること,うれしく思います.
なほさんも両親を大切にしてあげてください.信仰者でなくとも,お道的な教えはきっと役に立つことと思いますので,これからも読み続けてくださいね.

>まさみちさん
リンクありがとうございます.嬉しいです.私もリンクさせていただきます.至らない点も多いですが,よかったら読み続けてほしいです.
[ 2007/01/14 11:33 ] [ 編集 ]
まおさん、こんばんは。
素敵なお父様だったのですね。これだけ息子が自分を尊敬してくれたら、自分の生き方を理解してくれたら、親としてこのうえなくうれしいことだと思います。

私もまおさんと同じように、父とあまり接することがない時期が、子供の頃ですがありました。7,8年でしょうか。
単身赴任を父がしていたのです。年に2、3回しか会えず寂しい思いをしましたが、家族のために働いてくれている父に今では感謝しています。
現在は実家で一緒に暮らしています。今のところ、父は健在ですが、「仕事で悩み事が尽きない。」と私に話をしてくれます。仕事先が東京になり、大変なんだそうです。そんな父に対し、私は何ができるのか・・・と考えることがあります。

一生懸命な優しい父です。
私もまおさんと同じように父を尊敬していますが、こうして何の苦労もなく生活できているのも父のおかげなので感謝して毎日を過ごしたいと思います。
[ 2007/01/14 21:27 ] [ 編集 ]
自分がいつか親となることがあったときに,子どもに尊敬される親になれるのだろうかと非常に疑問に思います.易しい道ではないでしょうね.
小さい頃,お父さんとあまり会えなかったのはさびしかったでしょうね.今一緒に住んでいるということなので,今しかできない孝行をしてあげられるといいですよね.それがなんなのかは安易には言えませんが.親がいなければ自分は確実に存在していなかったのですから,感謝は忘れてはいけませんよね,やっぱり.
[ 2007/01/14 22:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近記事とコメント
気軽にコメントください.
全ての記事+過去ログ

2015年 12月 【4件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【3件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【5件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【15件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【17件】
2011年 04月 【38件】
2011年 03月 【41件】
2011年 02月 【42件】
2011年 01月 【20件】
2010年 12月 【18件】
2010年 11月 【15件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【14件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【15件】
2009年 12月 【16件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【15件】
2009年 09月 【19件】
2009年 08月 【17件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【15件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【16件】
2008年 10月 【23件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【28件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【28件】
2008年 02月 【26件】
2008年 01月 【27件】
2007年 12月 【24件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【34件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【30件】
2007年 05月 【33件】
2007年 04月 【35件】
2007年 03月 【45件】
2007年 02月 【37件】
2007年 01月 【39件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【27件】
2006年 10月 【37件】
2006年 09月 【24件】
2006年 08月 【20件】
2006年 07月 【16件】
2006年 06月 【21件】
2006年 05月 【13件】
2006年 04月 【6件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【6件】
2005年 12月 【9件】
2005年 11月 【5件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【4件】
2005年 01月 【12件】
2004年 12月 【9件】

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター