お道と臨床と~心づくりのたね~

お道(天理教)と臨床心理学の視点を含めて,まおという人間が考える日々の通り方や考え方について綴っています.日記風なこともわりとあります.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

張さんとの出会い 

先日の三日講習の初日,隣の班に見知った顔を見つけました.

「あ,張さんだ」と私は思いました.天理大学入学後,最初に住んでいた緑風荘というアパートに住んでいた方です.台所,トイレなど共同だったので多少お話したこともありました.私が最初に携帯電話を契約した大一電化で張さんがアルバイトしているのを見かけたこともありました.私は4ヶ月ほどでそのアパートを出てしまったのですが,翌年天理大学に入学されて,学内で挨拶を交わしたこともありました.・・・ってよくよく考えると,特に親しかったわけでもないのですね.しかし,張さんの穏やかで優しい表情はとても印象に残っていたので話しかけたわけです.

三日講習の間に何度か張さんとお話する機会があり,あいこと一緒に感動しました.相変わらず表情から優しさがにじみ出ている穏やかな方でした.日本語も上手で普通に話してもすべて通じます.学生時代から日本の弁論大会で18回も優勝しているとのことでしたので,上手いのも納得です.先日,12日22:00~23:30までのNHK教育テレビで十数人の外国人弁論者の紹介があったのですが,それに張さんも出てたんです.本当は放送前に記事を書きたかったのですが,時間がとれず後になってしまいました.私はバッチリ録画してますが.

張さん(張福龍さん)は,母の看病で学校に行けなかったため,独学で小中高の卒業資格をとり,さらに南京でゴミ拾いをしながら学費や生計にして日本語を勉強したそうです.その後,日本語を学ぶために日本へやってきて天理大学卒業後,日本に残り,日本と中国のかけはしとなるため,会社を2つ,日本語学校を2つ設立したそうで,それがまず驚きでした.(張さんの生い立ちについてはこちらを見てください.)さらに驚愕したのは,この7年で60人の別席者をいただいたそうです.数ではありませんが,すごい数です.お道に対する熱意なくしてはできません.今の自分の言葉ではどうにも中国の方にお道を説明しきれないと思い,この度三日講習に来られたということでした.そもそも,張さんは日本にやってきて天理大学に入学してからお道を知ったそうで,お道がなかったら今の自分や家族はないと言っていました.やっぱりお道は素晴らしいなぁ,世界共通の教えだなぁと改めて思いました.

また,私の教会の隣町に知人がいるそうで,年に2回は来るとのことでした.是非うちの教会にも遊びに来てくださいと言って,連絡先を交換させていただきました.人と人の縁は本当に不思議なもので,親神様が引き合わせてくださるものです.張さんと出逢うことで気付くべきことがあったのだと思います.大学時代,奨学金とバイトで生計を立て両親から経済的援助を得ずにやってきたことを,いい人生経験だったと多少なりとも自負していた自分がとても恥ずかしく思えました.本当に張さんの苦労と比べれば,私はどれだけ恵まれ,どれだけ勉学に対して真剣でなかったことか.飲んで遊んだ大学生活・・・.己の愚かさと慢心を痛感しました.お道に対してももっともっと真剣に通らせていただかなければと改めて思いました.

家に帰ってからも「張福龍」で検索して色々と張さんのことを知りました.ブログに書くことは張さんの了解済みです.そんな張さんがいつか教会に遊びに来てくれる日を楽しみにしています.これからも日中のかけはしとして頑張ってください.道につながる教友として陰ながら応援させていただきます.


張さんが校長をつとめる学校です.中国語・韓国語を学ばれる方はオススメです.
かけはし国際日本語学院
儀征市福龍日本語教育センター

張さんの弁論要旨です.短いのですぐ読めます.いい話です.
「日本の桜を中国の故郷(ふるさと)に」
「母が幸せになる為」
関連記事
スポンサーサイト
ありがとうございました。いろいろ読ませて頂きました。自分が恥ずかしくなりました。

もう一度振り返って、毎日を通りたいと思います。
[ 2009/07/15 19:36 ] [ 編集 ]
やはりそう思いますよね.
[ 2009/07/16 22:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近記事とコメント
気軽にコメントください.
全ての記事+過去ログ

2015年 12月 【4件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【3件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【5件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【15件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【17件】
2011年 04月 【38件】
2011年 03月 【41件】
2011年 02月 【42件】
2011年 01月 【20件】
2010年 12月 【18件】
2010年 11月 【15件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【14件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【15件】
2009年 12月 【16件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【15件】
2009年 09月 【19件】
2009年 08月 【17件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【15件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【16件】
2008年 10月 【23件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【28件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【28件】
2008年 02月 【26件】
2008年 01月 【27件】
2007年 12月 【24件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【34件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【30件】
2007年 05月 【33件】
2007年 04月 【35件】
2007年 03月 【45件】
2007年 02月 【37件】
2007年 01月 【39件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【27件】
2006年 10月 【37件】
2006年 09月 【24件】
2006年 08月 【20件】
2006年 07月 【16件】
2006年 06月 【21件】
2006年 05月 【13件】
2006年 04月 【6件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【6件】
2005年 12月 【9件】
2005年 11月 【5件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【4件】
2005年 01月 【12件】
2004年 12月 【9件】

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター