お道と臨床と~心づくりのたね~

お道(天理教)と臨床心理学の視点を含めて,まおという人間が考える日々の通り方や考え方について綴っています.日記風なこともわりとあります.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

青年会総会の感話から 

昨日は青年会総会でした.今年も従兄が委員長をつとめています.
おつとめでは,ちゃんぽんとおてふりをやらせていただきました.

感話には昨年の青年会躍進の集いのビデオに出てきた杉村さんをお招きし「仕事をしながらのお道の通り方」と題して,いち信仰者としてのお話を聞かせていただきました.印象に残った点がいくつかあるので綴ります.

まずは,「一般の人からしたら『天理教=教会長夫婦の通り方』である」ということを言ってました.お道の教えはおやさまが教えてくださったもので間違いのない真理を説いてくださってますが,それを実践し伝えていくのは伝道者である信仰者,大抵は教会を預からせていただく会長さん夫妻です.ということは,彼らの言動,通り方を見て,周囲の人はお道のイメージを作っていくということであります.信仰者であるということは単なるラベリングに過ぎません.教えをどれほど正しく理解し実践するかということはその人次第です.誰しも人間思案がありますし,自分で気付かず心得違いをすることもあるでしょうから,教会を預かる立場の人の心の窓はいつでも開かれた状態にあり,低い心で周囲から声をかけやすい態度であることが肝要であると私は思います.

このあたりのことは,以前に「人をして宗教を知るということ」シリーズにおいて記事にしていますので,記事の最後にリンクを張っておきます.詳しくはそちらを読んでいただきたいのですが,私たち信仰者がいかに日々を通るかということがお道を知っていただく上で大変重要であるということを示しています.

もう1つ,杉村さんは毎朝路傍講演をしてから仕事に行くらしいのですが,それを始めてからというもの仕事の成績がよいということでした.若い子の方がスキルや知識はあるらしいのですが,何故か自分の成績がよくなっていく,そのことを所属の会長さんに話すと「どこかで帳尻は合うもんだよ」と言われたとのことでした.

このことは「天理教教祖伝逸話篇174 そっちで力をゆるめたら」に『そっちで力をゆるめたら,神もゆるめる.そっちで力を入れたら,神も力を入れるのやで』というおやさまのお言葉がありますが,そのあたりの理合いでしょうか.お道の教えを多くの人に知ってもらいたいという気持ちで通らせてもらえば,その分神様は働いてくださるのでしょう.それはにおいがけ,おたすけにとどまらず,人のために尽くすこと全般に言えることだと私は思います.

他にも何点か思うところがあったのですが,このくらいにしておきます.
いい話を聞かせていただきました.従兄のチョイスは的確でした.


以下は関連記事になります.
信仰の本質~宗教というラベリングの影響
人をして宗教を知るということ(1)
人をして宗教を知るということ(2)
人をして宗教を知るということ(3)
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近記事とコメント
気軽にコメントください.
全ての記事+過去ログ

2015年 12月 【4件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【3件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【5件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【15件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【17件】
2011年 04月 【38件】
2011年 03月 【41件】
2011年 02月 【42件】
2011年 01月 【20件】
2010年 12月 【18件】
2010年 11月 【15件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【14件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【15件】
2009年 12月 【16件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【15件】
2009年 09月 【19件】
2009年 08月 【17件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【15件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【16件】
2008年 10月 【23件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【28件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【28件】
2008年 02月 【26件】
2008年 01月 【27件】
2007年 12月 【24件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【34件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【30件】
2007年 05月 【33件】
2007年 04月 【35件】
2007年 03月 【45件】
2007年 02月 【37件】
2007年 01月 【39件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【27件】
2006年 10月 【37件】
2006年 09月 【24件】
2006年 08月 【20件】
2006年 07月 【16件】
2006年 06月 【21件】
2006年 05月 【13件】
2006年 04月 【6件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【6件】
2005年 12月 【9件】
2005年 11月 【5件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【4件】
2005年 01月 【12件】
2004年 12月 【9件】

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター