お道と臨床と~心づくりのたね~

お道(天理教)と臨床心理学の視点を含めて,まおという人間が考える日々の通り方や考え方について綴っています.日記風なこともわりとあります.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

父の命日 

今日は父の命日です.

毎年のことですが,会長(母)は実家の教会の大祭に参拝に行きました.次弟も休みだったので一緒に参拝に行きました.私はあいこと仕事へ行きましたが,夜は暗くて危ないということで,朝づとめ後,お花を持ってお墓参りをしてから出勤となりました.

早いもので父が出直して丸7年が過ぎました.当時23歳で学生だった私にとては予想だにしないことで,衝撃的な体験でしたし,家族一同が悲しみにくれました.それでも刻が経つにつれ,父は親神様よりお与えいただいた寿命を精一杯生きた,また親神様に生かされたと思うよりになり,悲しみという感情は過去のものとなりました.今は懐かしさが多くを占めるのでしょうか.あるいは,父がいたら今何をしていただろう,こんなときどう言うだろう,など実現しない状況を想像するある種の陽気な感情もあるかもしれません.うまく言葉になりませんが,楽しさとは違いますが,それに近いようなそんな感覚でしょうか.特に家族の中で話題になることがあります.祖父母も同様ですが.

身体はお返ししても,その生き様や思いは家族という文脈の中に確かに存在し続けるということを実感します.それほど親という存在は子どもにとって大きなものであるということも同時に思うわけです.私自身も親という役割をこれから背負うにあたり,父の生きた様は自分自身が親となったとき,どうあるべきか,何を思うのかということを教えてくれるでしょう.

母より「人間は子どもが授かって生まれて自然と親になるのではなく,子どもを育てることを通して親に成らせていただく」と聞かされたことがあります.5人の子どもを育てた母だからこそ言えること,その言葉の重みを自分自身感じるときが遠からずやってくるのだろうと思います.そして,そのときに私は未だ気づき得ない父の思いを知ることになるのかもしれません.

まだ子どもの顔を見ぬ私でさえ,曾孫の顔まで見たいと思うのですから,5人の息子がそれなりに成長した姿を見ていた父です,孫の顔を見るのは楽しみだったに違いありません.子どもが産まれた際には,真っ先に神様へのお礼と父や祖父母への報告をしたいなぁと思いました.

明後日15日は父の57回目の誕生日であります.私たち家族は父に何を思うのでしょうか...


未読の方は以下も閲覧ください.
父の誕生日
お墓参りより父を思う
命日を前に父を思う
父と雅楽と私

父の誕生日
年祭
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近記事とコメント
気軽にコメントください.
全ての記事+過去ログ

2015年 12月 【4件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【3件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【5件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【15件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【17件】
2011年 04月 【38件】
2011年 03月 【41件】
2011年 02月 【42件】
2011年 01月 【20件】
2010年 12月 【18件】
2010年 11月 【15件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【14件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【15件】
2009年 12月 【16件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【15件】
2009年 09月 【19件】
2009年 08月 【17件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【15件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【16件】
2008年 10月 【23件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【28件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【28件】
2008年 02月 【26件】
2008年 01月 【27件】
2007年 12月 【24件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【34件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【30件】
2007年 05月 【33件】
2007年 04月 【35件】
2007年 03月 【45件】
2007年 02月 【37件】
2007年 01月 【39件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【27件】
2006年 10月 【37件】
2006年 09月 【24件】
2006年 08月 【20件】
2006年 07月 【16件】
2006年 06月 【21件】
2006年 05月 【13件】
2006年 04月 【6件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【6件】
2005年 12月 【9件】
2005年 11月 【5件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【4件】
2005年 01月 【12件】
2004年 12月 【9件】

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター