お道と臨床と~心づくりのたね~

お道(天理教)と臨床心理学の視点を含めて,まおという人間が考える日々の通り方や考え方について綴っています.日記風なこともわりとあります.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

子どもの姿より気付かされる 

夕方,あいこからメールがありました.

件名:まおーっ!
本文:大変です!今、呼ばれて診察してもらったのね。そしたら、子宮けいかんは2.7cmだったからまぁまぁなんだけど…
その後エコーやってくれたの。そしたら頭大きいって。すでに8.5cmあってまだまだ大きくなるみたい。体重は2キロ。
頭が大きいから産むの大変そうだわ。赤ちゃんも産まれるのに頑張らないといけないみたい。

体重はいいかんじみたい☆順調だよ
それに100%男の子だと言われた(笑)
それより頭に比べて、体が若干小さいみたいだから体が育つといいんだけど…脳みそつまってるならいいけど、ただただ頭が大きかったらどうしよう(笑)


あ,ずっと書きそびれてましたが,実は急に子宮頚管が短くなった4/20に性別も分かったんです.ほぼ男の子ということでした.お腹がずっと前方に突き出ていたことと胎内での動きがあまりに活発で看護師泣かせであることから,きっと男の子だとは思っていましたが予想通りでした.しかし,十中八九ということでしたので,産まれてきたら実は女の子だったという可能性もあったのですが,今日のエコーで100%男の子と確定しました.あいこがもらったエコーの写真におちんちんがうつってました.万歳!

赤ちゃんが2kgと順調に育っていることは大変ありがたいことです.しかし,頭が大きいということ,加えて頭に比べて体が小さいというのが私はひっかかりました.今わが子の発育途上においてこういう姿を見せる親神様の思惑は何だろうと考えたとき,ふっとある考えが浮かんだのです.

もし頭が大きくなりすぎて産道や子宮口を通らないということになると帝王切開ということになります.それは赤子が「本来通るべき道を通れない」ということであります.また,「頭に比べて体が小さい」ということは「頭を支える体が育っていない,実働する部分が育っていない」ということであります.これは完全に私自身の悟りですが,『教理ばかりを頭に描いて頭でっかちになると,親神が望む本来の道を通れなくなるから気を付けなさいよ』ということを知らしてくださっているのではないかと思ったのです.あれこれと理屈を考える前にとにかく人のためにこの身体を使うようにというメッセージかもしれないと.

自分自身に現れてくることや決断すべきことに対して神意を思案させていただくことは,神一条を目指すためには必要なことです.ですから,自分自身については思案していいのだと思います.しかしながら,考えるばかりで行動が伴わなくては意味がありません.また,おやさまの教えてくださった道は自分自身の通り方のよすがとはなれど,他人をはかるものさしとすべきではありません.教理を学び深めることは自分自身のためであり,他者を評価したり,良し悪しを見定めるためではないのですが,ともすれば口には出さないまでも他者の行いや心遣いを見定めるようなことにもなりかねません.もちろん理に沿わぬことは言うべき時に言うことは大切でしょうが,普段からそのような視点で人を見てしまってはそれは高慢というものですし,大変な不足,ほこりになるでしょう.今更述べるまでもないことでしょうが,頭は自分に使えばいいわけで,他人に対しては頭を使うよりも体を使ってとにかく動く,尽くすことが大切なのでしょう.大変情けない恥ずかしい話ですが,ここ最近の私自身の他者の見方を振り返ると,頭でっかちなところがあったのではと思い当たる節があり,親神様が大切な赤ちゃんに印をつけて教えてくださったのではないでしょうか.しかも,それが「100%男の子」ということですから,夫婦で心を合わせてそのことを共有しておくことは大事ですが,私に対してのメッセージなのだと思います.本当に情けないです.

会長にも話して,そうかもしれないねということになりました.親神様の親心は深いです.これからは心を入れ替えて,人のためには阿呆になって体を使っていきたいと思います.私が理屈抜きに体を使うほど,お腹の赤ちゃんの体はぐんぐん成長し,頭は産道を通るくらいにおさめていただけるのかもしれません.とにかく大切なことに気づかせていただきました.ありがたいです.


関連記事になります.
あいこの1ヶ月~身上より育てられる(1)
あいこの1ヶ月~身上より育てられる(2)
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近記事とコメント
気軽にコメントください.
全ての記事+過去ログ

2015年 12月 【4件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【3件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【5件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【15件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【17件】
2011年 04月 【38件】
2011年 03月 【41件】
2011年 02月 【42件】
2011年 01月 【20件】
2010年 12月 【18件】
2010年 11月 【15件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【14件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【15件】
2009年 12月 【16件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【15件】
2009年 09月 【19件】
2009年 08月 【17件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【15件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【16件】
2008年 10月 【23件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【28件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【28件】
2008年 02月 【26件】
2008年 01月 【27件】
2007年 12月 【24件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【34件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【30件】
2007年 05月 【33件】
2007年 04月 【35件】
2007年 03月 【45件】
2007年 02月 【37件】
2007年 01月 【39件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【27件】
2006年 10月 【37件】
2006年 09月 【24件】
2006年 08月 【20件】
2006年 07月 【16件】
2006年 06月 【21件】
2006年 05月 【13件】
2006年 04月 【6件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【6件】
2005年 12月 【9件】
2005年 11月 【5件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【4件】
2005年 01月 【12件】
2004年 12月 【9件】

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター