お道と臨床と~心づくりのたね~

お道(天理教)と臨床心理学の視点を含めて,まおという人間が考える日々の通り方や考え方について綴っています.日記風なこともわりとあります.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

出産日記2 

病院に着いた私は、痛くて痛くて、車から降りるのも一苦労でした。
そんな私を、会長さん(義母)と実母が横から支え、途中何度も休みながら産婦人科病棟まで歩いていきました。

まず、助産師さんの診察がありまして、「子宮口が3cm開いているので入院しましょう」と言われましたが、「たぶん夜中でないと産まれないと思います」と言われ、17時半に私は陣痛室に入りました。

陣痛室にも、2人の母が付き添い、交互に腰をさすってくれました。

18時夕食が運ばれてくると同時に、主人がかけつけてくれ、同じように腰をさすってくれました。

実母が「夜中になると思うと言われた。まだまだ時間がかかるから、一度帰宅してまたきてね」というような言葉かけを主人にしていました。
会長さんも、夕食作りがありますし、何よりおつとめの時間が18時半にありましたので、会長さんと主人は一度教会に帰ることになりました。

その後、実母と私は2人きりになりまして、私は食べれるだけ夕食を食べました。4~5割、手をつけたでしょうか。
まだこの時まで、陣痛の波がおさまる時には余裕がありました。

しかし、ここからです。
相当痛くなりました。この痛みは・・・言葉では表すことができません。
とにかく、冷や汗がでて、自律神経が麻痺しているのがわかりました。
自分の体をどこに、どういう体勢でおけばいいか・・・全くわかりません。
これまで余裕の表情をして、決してパニックになることはなかったのですが、この時ばかりはパニックでした。
「辛い・・・痛い・・・」
涙を流しながら、実母にしがみついたり、トイレに行き床に座り込んだりしました。
実母は、そんな私を見ていられなかったようで、一緒に涙目になって、一生懸命私の腰をさすって汗まみれになっていました。

痛くても、声は絶対出さない!!
そう決めていましたが、どうしても「あ~!」っと声を出してしまいます。
実母は必死に「声に出してもいい。でも、呼吸もして!!はい!!!」っと、なんとか私に呼吸をさせようと一緒に呼吸法をしてくれました。
「声を出すのは、女の恥だよ!」と散々実母に言われていたので、「声を出してもいいよ」と涙目になっている実母を見るのは意外で驚きました。

その後、あまりの痛さに、私はトイレの中で、大声で「痛い!」と叫んでしまったようです。
助産師さんが、その声を聞いてかけつけてくれました。「診察しましょう」と助産師さん。


「あぁ、子宮口全開(10cm)なので、分娩室に行きましょう」という助産師さんの声。
この言葉が、どれだけうれしかったか。19時半頃だったと思います。
夜中まで、この痛みに耐えなきゃと思っていた私にとって、まさに天使の声に聞こえました。

さて、実母はこの言葉を聞いてびっくりしたようです。
「早くまおさんに知らせないと!!!!」
教会や、まおさんの携帯電話に電話したようですが、出ません。教会の電話は話し中だったようです。
まおさんの次弟の携帯電話番号をなんとか探し出し、「早まりそうだから早く来て!」とようやく主人に伝えることができたようです。

さていよいよ、クライマックス!

出産日記3に続く


関連記事
スポンサーサイト
大変でしたね~。
みんなママという人たちはこの経験をしているのかと
思うと、それだけで凄いですよね。
(帝王切開の人もいますが、それだって痛いでしょう・・)
(養子や里子さんも、精神的な痛みはそれ以上でしょう)
その経験を共有していると言うだけで、
なんだか話が盛り上がったりするものですよ。
そして、これ以上の痛みや苦しさはあまりないと思うので、
今後生きていくのにも、もうあまり怖いものはないです。
だから母は強し、ってなるのですね~。きっと!
[ 2010/06/09 10:34 ] [ 編集 ]
さなさん!こんにちは。
いつもお世話になっております。
2ヶ月間、産婦人科に入院していて、たくさんのママさんに会いましたが、それぞれ大変な道を通って、ママになっているのがよくわかりました。
母は本当に強いです!!
入院生活、とても辛かったですが、そうした母の強さを学ぶ良い機会だったと思います。
まだ、入院をともにした仲間が、入院していますので、検診の時にお見舞いに行きたいと思っております。
お願いづとめもしないと!!がんばれ!!ママさん!!!!
[ 2010/06/11 05:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近記事とコメント
気軽にコメントください.
全ての記事+過去ログ

2015年 12月 【4件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【3件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【5件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【15件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【17件】
2011年 04月 【38件】
2011年 03月 【41件】
2011年 02月 【42件】
2011年 01月 【20件】
2010年 12月 【18件】
2010年 11月 【15件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【14件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【15件】
2009年 12月 【16件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【15件】
2009年 09月 【19件】
2009年 08月 【17件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【15件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【16件】
2008年 10月 【23件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【28件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【28件】
2008年 02月 【26件】
2008年 01月 【27件】
2007年 12月 【24件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【34件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【30件】
2007年 05月 【33件】
2007年 04月 【35件】
2007年 03月 【45件】
2007年 02月 【37件】
2007年 01月 【39件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【27件】
2006年 10月 【37件】
2006年 09月 【24件】
2006年 08月 【20件】
2006年 07月 【16件】
2006年 06月 【21件】
2006年 05月 【13件】
2006年 04月 【6件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【6件】
2005年 12月 【9件】
2005年 11月 【5件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【4件】
2005年 01月 【12件】
2004年 12月 【9件】

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター