お道と臨床と~心づくりのたね~

お道(天理教)と臨床心理学の視点を含めて,まおという人間が考える日々の通り方や考え方について綴っています.日記風なこともわりとあります.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

長男の妊娠・出産(1) 

長男の妊娠・出産に関してのまとめ記事として綴ります.過去記事と重複する部分もあると思います.


妊娠~出産という一連の出来事は人間の力ではどうしようもないことがたくさんあり,人間の親である親神様にお任せするしかないというのを切に感じます.私たち夫婦に子どもが授かったのは一年ちょっと前のこと,秋の本部大祭に参拝させていただいたのですが,あいこの体調が思わしくなかったんです.帰ってきて翌日に近医を受診したところ,妊娠が発覚しまして,親神様に私たち夫婦の子どもをあいこの胎内に宿し込んでいただいたということが分かりました.嬉しかったですね.結婚して1年半が経ってましたから,そろそろ授かりたいなと思っていましたので,本当にありがたかった.しかし,同時に幾分かの戸惑いといいますか,自分に親となる資質があるのだろうかとか,生まれた子どもを自分はかわいいと思えるのだろうかいうことを感じました.父は25で父親となっていますが,子どもの頃見ていた父はとても頼もしく何でもできる万能的な人間のように見えていたもので,当時の父より5年も遅く親になるのに,自分はあまりにも未熟なのではないかと思いました.

しかし,出産までのこの期間は親になる前の心づくりの期間,親になる準備としてしっかり伏せこませていただくことで何か自覚といいますか変わってくるものもあるのかもしれないとも思いました.母になるあいこの方はきっと私のような単純な心理ではなかったと思います.女性は直接身体の中で子どもが育っていく,それも初めての子で,今まで味わったことのない感覚や思いがたくさん生じるでしょうから,喜びももちろんたくさんあるだろうけど不安もたくさんある,そんな心境だったと思うんです.

私たち夫婦はありがたいことに会長が元気に教会の御用をしてくれているおかげで,共につとめに出ていましたので,あいこも今まで通り仕事に行って,家では家事を手伝いということをしていたわけですが,やっぱり体調不良なときもあり,初めてで加減も分からないものですから,検診にいったときに子宮が下がり気味と言われた時には,とにかく神様が授けてくださった子どもを無事に生まれさせていただくことが何よりも優先と思い,切迫流産の診断書を書いてもらって1ヶ月ほど療養することにしたわけです.あまり負荷のかかる身体の動きが出来ない中での1ヶ月はかなり大変だったと思います.それでもよく辛抱して毎日の中に感謝を見つけてしっかりとつとめてくれました.胎教という言葉がありますが,この時期の親の心遣いは子どもに大きな影響を及ぼすので重要と教えられていますので,あいこも一生懸命お道の本を読んだり,まだいるんだかいないんだかわからない子どもに優しく話しかけたり,できる範囲の教会の御用をして,母としての心づくり,伏せ込みをしてくれました.

続く...
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近記事とコメント
気軽にコメントください.
全ての記事+過去ログ

2015年 12月 【4件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【3件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【5件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【15件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【17件】
2011年 04月 【38件】
2011年 03月 【41件】
2011年 02月 【42件】
2011年 01月 【20件】
2010年 12月 【18件】
2010年 11月 【15件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【14件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【15件】
2009年 12月 【16件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【15件】
2009年 09月 【19件】
2009年 08月 【17件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【15件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【16件】
2008年 10月 【23件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【28件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【28件】
2008年 02月 【26件】
2008年 01月 【27件】
2007年 12月 【24件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【34件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【30件】
2007年 05月 【33件】
2007年 04月 【35件】
2007年 03月 【45件】
2007年 02月 【37件】
2007年 01月 【39件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【27件】
2006年 10月 【37件】
2006年 09月 【24件】
2006年 08月 【20件】
2006年 07月 【16件】
2006年 06月 【21件】
2006年 05月 【13件】
2006年 04月 【6件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【6件】
2005年 12月 【9件】
2005年 11月 【5件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【4件】
2005年 01月 【12件】
2004年 12月 【9件】

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター