お道と臨床と~心づくりのたね~

お道(天理教)と臨床心理学の視点を含めて,まおという人間が考える日々の通り方や考え方について綴っています.日記風なこともわりとあります.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

父の命日 

今日は父の命日です.早いもので8年の月日が流れました.
今日も残業で遅いことが分かっていたので,出勤前にお墓参りに寄りました.

ふとネットで父の名前を検索してみました.

googleで検索すると「もしかして: ○井○○」とまず父の名と一字違いの人がもしかして検索で表示されます.それはいいとして,その後父の名で実際の父のことを表すページが2件ありました.そのうちの1件が8年前当時の教区の広報でした.読んでみると「お出直し」の欄に父のことが書いてありました.私にとっての周知の事実,わざわざ確認するまでもないことですが,その年齢を見て改めて若いなぁ・・・と思いました.記載されている人は皆70代,80代.父は本当に若かった.今生きてればもう58歳かぁと.そして自分の年齢を思うと,あとたったの18年で父の出直した年齢になります.長男が18歳,やはり短い,そう思いました.

もちろん人の人生はどれだけ生きたかではなく,いかに生きたかに価値があると私は考えていますが,それでもできれば長くこの身体をお借りして生きたいと思います.父は「太く短く」派だったようなので欲のない人だったなぁとも思います.でもせめて長男を抱いてもらいたかった!という思いはあります.

長男が祖母である会長をやたらと好きで声を出して喜んで笑うので,会長は「お父さんの生まれ変わりだ」と言って喜んでいます.神のみぞ知る領域ですが,親が子となり,子が親となりと言われるように,長男を父の魂を持って生まれた子と思って育てさせていただくのがいいのでしょう.時折,長男に「お父さん」と話しかけてみてますが,特に変わった反応はありません(そりゃそうだ).父の遺影を渡すとじーっと見ますが,何か思っているのでしょうか?

これから長男に父の面影を見ることがあるかもしれません.たいていはそれは母より聞かされるのだとは思いますが,それを聞くのはきっと懐かしく楽しいものでしょう.きっとそれは御霊の父にとっても楽しみなことだと思います.


未読の方は以下も閲覧ください.
祖父祖母五年祭/父十年祭
父の命日
父の誕生日
お墓参りより父を思う
命日を前に父を思う
父と雅楽と私

父の誕生日
年祭
関連記事
スポンサーサイト
霊能師でもない奴らが「前世の因縁」とデマカセで騙し、時には「高額な金銭を出さない(お供えとの別名)と
死ぬ。良くない事が起こる」と強迫して不安を煽り最悪時『全資産の略奪』をします。
これを最近他スレで話題になっている『霊感商法』と呼ばれています。
実は、前世の因縁と言いながら天理教は霊を事実上否定する「唯物宗教」の道を選択したのです。
死んだら一切「無」である。だから、徹底的に悪の道により騙し、強迫し、不安にさせるという方法を
暴走しました。
「一回限りの人生だから、徹底的に悪に徹せよ。そして、信者や末端を丸裸にせよ。」
これが、天理教団です。
強迫して不安を煽り高額な金銭を奪う行為は、まぎれもなく霊感商法です。

霊感商法と言えば、統一協会が有名ですが、天理教は統一協会よりはるか以前から霊感商法により
信者から金銭を巻き上げて、今の大型施設が建築できたのです。
明治時代から戦前にかけて、政府やマスコミの弾圧がありましたが、このように高額な財産を奪う、
他の神を否定して来たので、弾圧されて当然です。歴史の長い既存仏教、既存神道の方々の怒りは
相当招きました。
絶対に相手にしてはいけません。

と、
ネットではこんな風に言われています。
でも事実であることは悲しいことです。
この現実、同じ天理教信者として悲しいと思いませんか?
[ 2011/01/15 22:59 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます.現実を悲しんでいる天理教信者さんが書いたことが事実かどうか私は分かりませんが,かなり反対派の脚色も含まれている印象を受けます.敗戦までの弾圧は軍事国家作りに必要だった国家神道の教えにおやさまの教えが反していたのが大きな理由だと私は思っています.おやさまが残された原典なしに教団が拡大せざるを得なかったことは残念です.難しい道でしょうが,流れできたものを鵜呑みにするのではなく,私たちひとりひとりがどうしたら親神様に喜んでいただけるか,おやさまならどうされるか,何とおっしゃるかを考えながら行動していくことが不可欠なんでしょうね.「天理と刻限」サイトにも色々書いています.よろしければご覧になってみてください.
[ 2011/01/22 00:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近記事とコメント
気軽にコメントください.
全ての記事+過去ログ

2015年 12月 【4件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【3件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【5件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【15件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【17件】
2011年 04月 【38件】
2011年 03月 【41件】
2011年 02月 【42件】
2011年 01月 【20件】
2010年 12月 【18件】
2010年 11月 【15件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【14件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【15件】
2009年 12月 【16件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【15件】
2009年 09月 【19件】
2009年 08月 【17件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【15件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【16件】
2008年 10月 【23件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【28件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【28件】
2008年 02月 【26件】
2008年 01月 【27件】
2007年 12月 【24件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【34件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【30件】
2007年 05月 【33件】
2007年 04月 【35件】
2007年 03月 【45件】
2007年 02月 【37件】
2007年 01月 【39件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【27件】
2006年 10月 【37件】
2006年 09月 【24件】
2006年 08月 【20件】
2006年 07月 【16件】
2006年 06月 【21件】
2006年 05月 【13件】
2006年 04月 【6件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【6件】
2005年 12月 【9件】
2005年 11月 【5件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【4件】
2005年 01月 【12件】
2004年 12月 【9件】

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター