お道と臨床と~心づくりのたね~

お道(天理教)と臨床心理学の視点を含めて,まおという人間が考える日々の通り方や考え方について綴っています.日記風なこともわりとあります.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

共に苦労を 

未読の方は以下を閲覧ください.
引き受ける心

昨日,引き受ける心について話をしましたが,結婚において大事なことは他にもあると思います.それは自分にとってその相手が苦労を共にできる相手かどうかです.おもしろおかしく楽しく過ごせる相手は意外とたくさんいるでしょう.自分や相手の深い部分には触れずに生活できるからです.「この人だったら楽しい(あるいは楽な)生活が送れそうだし・・・」という動機のみであるならば,その視点では人生の片面しか見ていないと言えると思います.そのときには是非もう片方の側面にも目を向けて考えてほしいと思います.

人生には苦労も伴うものです(もちろんその先に楽しみはあるのですが).その苦労を共にできる相手は人生においてそうはいません.「この人だったらどんなに苦労しても構わない」と思える相手に出会えたのなら,それは大事にしたいものです.そこには「苦労を喜びに変えていける力」が包含されています.苦労は先の楽しみとなる種です.苦労に意味を見出し,共に助け合って通れるのならば,人生における茨の道の先に明るい道が見えるでしょう.以前にも述べましたが(関連記事;苦労に意味を与える),意味が与えられた苦労はただ「つらい」のみの苦労ではなく,先につながる苦労です.それは客観的なものではなく,主観的な体験です.他人からどう見えるかということは関係ありません.心理学的に言えば,彼ら夫婦の認知において肯定的あるいは適応的な意味づけがなされていればよいのです.他者評価は関係ありません.現にどんなに他者からみたら幸せな家庭に見えても,当人たちがそれを感じ得ない場合があることを私たちは知っています.

当人たちが,たとえ客観でも主観でも楽ではない生活を送っていたにしても,相手が自分にとって苦労を共にできる相手ならば,その苦労にも意味があり,喜びを見つけていくことができるのではないかと思います.その経験があったからこそ,見える,わかる,大切にできることもあるでしょう.苦労を共にできることは共に楽しめることの十分条件なのです.お互いに苦労を共にできる相手と出会えたならば,その出会いは大切にしたいものです.
関連記事
スポンサーサイト
よく、「結婚は、違う価値観を持った人間が同じ屋根の下で暮らすのだから、
色々な面で妥協しないと長い結婚生活やっていけない。だから大変だよ。」と聞きます。
妥協という言葉を聞くと結婚=マイナスな印象にきこえますよね。
今は女性も社会に出て、自分のライフスタイルを曲げたくないとかで、結婚しない人が
増えているのも事実です。
確かに、結婚って楽しい甘いことだけじゃないと思います。
けれども私が思うに、きっと結婚は苦労の分だけ、喜びがあって素敵なものだと思うんです。
(まだ結婚していない私がいうのもなんなのですが・・・)
苦労をともにしてもいい、その人の全てを引き受けてもいいと思える相手となら、妥協という言葉でなく、お互い苦労を引き受けて喜んで生きていくことができると思います。
うまくまとまりませんが、私も将来は、妥協ではなく、喜んでだんなさんの苦労を引き受けたいです。
[ 2007/05/23 13:16 ] [ 編集 ]
あいこさん,私もそう思います.苦労があるから余計に喜べるんです.以前記事で書いたラーメンの原理ですよね.
私も将来相手のどんなかりものでも引き受けていきたいと思っています.
[ 2007/05/23 21:16 ] [ 編集 ]
そうですね!ラーメンだラーメンだ。
あの例え、すごくわかりやすいですよね~。
あぁ、なんだかラーメンが食べたくなっちゃいました~w
[ 2007/05/23 21:36 ] [ 編集 ]
私もラーメン食べたいです.今日は健康診断・・・.
[ 2007/05/24 08:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近記事とコメント
気軽にコメントください.
全ての記事+過去ログ

2015年 12月 【4件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【3件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【5件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【15件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【17件】
2011年 04月 【38件】
2011年 03月 【41件】
2011年 02月 【42件】
2011年 01月 【20件】
2010年 12月 【18件】
2010年 11月 【15件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【14件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【15件】
2009年 12月 【16件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【15件】
2009年 09月 【19件】
2009年 08月 【17件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【15件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【16件】
2008年 10月 【23件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【28件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【28件】
2008年 02月 【26件】
2008年 01月 【27件】
2007年 12月 【24件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【34件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【30件】
2007年 05月 【33件】
2007年 04月 【35件】
2007年 03月 【45件】
2007年 02月 【37件】
2007年 01月 【39件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【27件】
2006年 10月 【37件】
2006年 09月 【24件】
2006年 08月 【20件】
2006年 07月 【16件】
2006年 06月 【21件】
2006年 05月 【13件】
2006年 04月 【6件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【6件】
2005年 12月 【9件】
2005年 11月 【5件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【4件】
2005年 01月 【12件】
2004年 12月 【9件】

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター