お道と臨床と~心づくりのたね~

お道(天理教)と臨床心理学の視点を含めて,まおという人間が考える日々の通り方や考え方について綴っています.日記風なこともわりとあります.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

医療訴訟の講習 

夕方より院内で医療訴訟の講習がありました.非常に勉強になり,参加してよかったと思いましたが,同時に医療って怖いと思い,自分が提供していることの重みを知りました.医療従事者サイドから見れば,とても大変なことですが,病院に自分や家族の命や人生を預ける患者にとっては当然きちんとしてもらわなければ困ることですし,現に自分だって患者やその家族となることは多々あるのですから,両者の視点を持つことが大事だと思いました.

近年の動向として,医療ミスだけでなく,インフォームド・コンセントが十分でなかったという理由から,病院が敗訴しているケースがぐんと増加しているとのことです.患者に十分な説明と選択権を与え,同意を得てから医行為すること,そして説明したこと,行ったこと,また説明しなかったこと,おこなわなかったことについてはカルテにしっかりとその理由と手続きを記載しておくことが重要と言っていました.カルテに書いていないことはいくら口頭で主張したところで,証拠にはならないとのことです.

精神科は他科と違い,手術等の治療はなく,ほとんどが薬物療法による治療ですが,それでも訴訟は起こりうるとのことです.薬に副作用があるならば,その副作用をきちんと説明して,患者の同意を得てから処方をしないと(もちろん,その経緯はカルテに記載します)万一,副作用によって患者に重大な後遺症が残ったり,死に至ったりしてその家族が訴訟を起こしたときに,やはり敗訴となって民事責任を問われる可能性があるようです.

心理士は医師と違って処方はできませんが,こうした危険がないわけではありません.カウンセリングの契約や心理検査の施行にあたっては,やはりその目的と施行した場合の効果,おこなわなかった場合にどのような経過をたどるかを十分に説明した上で,患者に受けるのか受けないのかの選択をしてもらうという手続きを踏むことが肝要と思いました.治療契約に関しても同様に,できることできないことをはじめにきちんと説明し,より厳密な治療契約を結ぶ必要があり,契約内容をカルテにも記載し,しかもそれを同意書として文書に残すということまで今後はしていかないといけないのかもしれないなぁと思いました.

また,心理士はその業務の性質上,どうしても対象者と密室で1対1で会うということが多いです.密室での出来事に関しては提示できる証拠がありませんので,特に異性との面接に関しては注意が必要ですし,この先は部屋に院内セキュリティの向上と称して映像のみのビデオを取り入れるなどの対策も考えていく必要があるかもしれません.
さらに,業務については公式の「業務マニュアル」を作成し,それに基づいて業務をおこなっているということを提示できるようにしておく必要があると思います.現在,臨床心理業務には特にマニュアルはなく,私の判断で随時行動しているので,基本的な関わり方の方針を早めに公式文書にしようと思います.そうすることで,心理業務の正当性と信頼性も増すことでしょう.

いや,今までそこまで深く考えないで仕事をしていましたが,今日の講習はいい刺激になりました.そして,自分の行為の責任の重さも感じました.ありがとうございます.

ところで,お道のおたすけでは訴訟って起こりうるんですかね?おさづけと家族の信心でご守護いただけますと言って助からないで死んだから民事訴訟とか・・・.
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近記事とコメント
気軽にコメントください.
全ての記事+過去ログ

2015年 12月 【4件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【3件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【5件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【15件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【17件】
2011年 04月 【38件】
2011年 03月 【41件】
2011年 02月 【42件】
2011年 01月 【20件】
2010年 12月 【18件】
2010年 11月 【15件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【14件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【15件】
2009年 12月 【16件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【15件】
2009年 09月 【19件】
2009年 08月 【17件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【15件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【16件】
2008年 10月 【23件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【28件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【28件】
2008年 02月 【26件】
2008年 01月 【27件】
2007年 12月 【24件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【34件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【30件】
2007年 05月 【33件】
2007年 04月 【35件】
2007年 03月 【45件】
2007年 02月 【37件】
2007年 01月 【39件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【27件】
2006年 10月 【37件】
2006年 09月 【24件】
2006年 08月 【20件】
2006年 07月 【16件】
2006年 06月 【21件】
2006年 05月 【13件】
2006年 04月 【6件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【6件】
2005年 12月 【9件】
2005年 11月 【5件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【4件】
2005年 01月 【12件】
2004年 12月 【9件】

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター