FC2ブログ

お道と臨床と~心づくりのたね~

お道(天理教)と臨床心理学の視点を含めて,まおという人間が考える日々の通り方や考え方について綴っています.日記風なこともわりとあります.

人と人の縁 

なぜ人と人はめぐり逢うのでしょうか.
いつ人と人は別れることになるのでしょうか.

人と人との出逢いと別れ,これこそ人の業を超えたもの,縁であると思います.

世の中に60億の人々が生きていて,その中で出逢える人というのはほんの一握りの人だけです.進学・就職といった人生の節目のみならず,街角の交差点,学校の廊下,ショップ,居酒屋,ボランティア活動・・・人の意思が交錯しあう場所なら,たえず人と人が出逢う可能性はあるのです.

そこですれ違う人は数多くいるでしょう.視線を合わせることもなくただすれ違うのみの人もいれば,目は合ったものの特に意志の疎通をすることもなく視界から消えていく人,挨拶は交わすけれども特に会話にまでは至らない人,挨拶の後,社交上のコミュニケーションを展開していく人,社交上の話題を超えた話までする人,その時間に喜びを見出し自分の体験を共有したい,相手の体験を共有したいと思う人,その思いが一致する人・・・と.

後者になればなるほど希少かつ貴重な関係であると思います.彼らは友として,あるいはよきパートナーとして,あるいはよきアドバイザーとして関係を維持していくことになる人でしょう.それは個人の努力や人柄がなせる業でもありますが,それはすでに布置されている中で関係を築いていくことです.手を伸ばして行動範囲を広げても広げた先にいる人たちはやはりその環境に布置されています.すなわち,この世界で人と人が出逢っていくことは単に人の業のみでなせるものではなく,人の意思を超えたものの力や思いが存在していると私は思います.

つまり「縁」あって人と人はめぐり逢っていると思うわけです.これが真だとするならば,めぐり逢った人と別れていくのもまた「縁」だと思います.物理的距離の広がり,あるいは時間的空白の広がりから切れていくこともありますし,仲違いや価値観の相違から切れていくこともあるでしょう.また,当事者間の意思に反して切れていかざるを得ないこともあると思います.さらにこれも真だとするならば,かつて縁のあった人と再びめぐり逢う―そんなことも人生においては起こり得ます―これもまた「縁」であると思います.縁あれば人と人はまためぐり逢うのです.

出逢いと別れには喜びや哀しみが伴うものですが,そこに至るまでの過程,その節そのものには必ず意味があり,神様の思いを感じることができると思います.実存分析的に言えば「人生から求められるものがある」のです.その思いに気付いて,その思いやその節目の体験を心におさめていくことで人は人としてさらなる成人(成長)をしていくことができるのだと思います.

別れと出逢いは表裏一体,別れがあればこそ新しい出逢いもあり,出逢いあればこそ別れもあるのです.よい出逢いと別れにめぐり逢うために,日頃からよい種を蒔きたいものです.
関連記事
スポンサーサイト



人と人の縁は、本当に不思議なものですよね。
今まで、出会った人がいたからこそ今の自分があるわけで、
神様や、出会った人みんなに感謝して日々過ごしたいものです。
[ 2007/09/11 23:14 ] [ 編集 ]
本当にそう思います.色々な出会いを大切に日々を過ごしたいと思います.それから種まきも大事にしたいですね.
[ 2007/09/11 23:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近記事とコメント
気軽にコメントください.
全ての記事+過去ログ

2015年 12月 【4件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【3件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【5件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【15件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【17件】
2011年 04月 【38件】
2011年 03月 【41件】
2011年 02月 【42件】
2011年 01月 【20件】
2010年 12月 【18件】
2010年 11月 【15件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【14件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【15件】
2009年 12月 【16件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【15件】
2009年 09月 【19件】
2009年 08月 【17件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【15件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【16件】
2008年 10月 【23件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【28件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【28件】
2008年 02月 【26件】
2008年 01月 【27件】
2007年 12月 【24件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【34件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【30件】
2007年 05月 【33件】
2007年 04月 【35件】
2007年 03月 【45件】
2007年 02月 【37件】
2007年 01月 【39件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【27件】
2006年 10月 【37件】
2006年 09月 【24件】
2006年 08月 【20件】
2006年 07月 【16件】
2006年 06月 【21件】
2006年 05月 【13件】
2006年 04月 【6件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【6件】
2005年 12月 【9件】
2005年 11月 【5件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【4件】
2005年 01月 【12件】
2004年 12月 【9件】

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター