お道と臨床と~心づくりのたね~

お道(天理教)と臨床心理学の視点を含めて,まおという人間が考える日々の通り方や考え方について綴っています.日記風なこともわりとあります.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

世代間連鎖の根を切る 

関連記事になりますので未読の方はまず以下を閲覧下さい.
虐待について(その1)虐待の分類
虐待について(その2)虐待にかかわるとき
虐待について(その3)虐待への対応

これまで何回かに分けて話をしてきた虐待は世代間連鎖する現象のひとつです.世代間連鎖とは親から子へと世代間に不思議と引き継がれていく様々な事情のことです.虐待,離婚,アルコール問題などは世代間連鎖することで有名です.不思議なもので親が通った道を子どもも通るのです.虐待で言えば,虐待されて育った人,あるいはそれに準ずる親の愛情を目一杯受けないで育った人などが,自分が親となったときに,自分の子どもにやはり同じような思いをさせてしまうという傾向があるようです.子どもを授かりたくても授からない人もいる中で,せっかく親神様から授かった子を,命を,大切に精一杯の愛情を込めて育てられない人がいることは哀しいことです.しかし,その人自身も親からそう育てられなかったのでしょうから,虐待者となる親も被虐待者となる子ども同様その哀しさを通ってきているのでしょう.

自分も通った道でありながら,子どもにもまた同じような道を通らせてしまう・・・よい道ならいいのですが,よくない道はできれば避けたいものです.それを避ける道,身上・事情の根を切る道,それがお道の信仰であると私は聞かされています.ですから,信仰により世代間連鎖の根を切ることは可能であると私は思います.

人間は互いに助け合って陽気にくらすために生かされています.人救けとなるよい種を蒔き,よい心遣いをすることによって世代間連鎖は断ち切ることができると私は思うのです.お道が病救けではなく「心救け」の教えであるのは,すべての根本となる「根」と断ち切ることにあるからです.連鎖の根,病の根,難事の根,すべての根は心の持ち方を変えることでよい方向に変わっていきます.どんなことでも感謝して喜び勇んで通れる心,人をたすける心,人のために尽くす喜びの心が身についたなら,物事はよい方向に成っていくと思います.「一粒万倍」,「まいたる種はみなはへる」と教えられているように,小さな種でもそれが実るときが来るのです.

また,神をほうきとして心のほこりを払うようにも教えられています.以前にも書いたかもしれませんが,人間ですから悪いことをしてしまうこともあって当然だと思います.問題はその後の行動です.悪いことしちゃったなぁと落ち込んで終わりなのか,一度やったら何度やっても同じだと悪いことを続けるのか,後の行動をよい行いに変えていくのか.これらの選択をすることは私たちにできるのです.起こってしまったことを変えることはできませんが,その後でその事実をどう受け止め,次にどうしていくかを考えることは可能なのです.そのとき,親神様にこの身体をお借りして生かされていることが心におさまっているのであれば,自ずと自らの生き方は見えてくるでしょう.その通り方を親神様は受け取ってくださることと思います.

これではエビデンスに欠けるでしょうか?確かに科学的根拠はありません.科学的根拠があれば信仰とは言わないでしょう.しかし,信じ続けることで変わってくることもあるのです.人間はそのことを本能的あるいは経験的に知っています.

お道,それは「人をたすけてわが身たすかる」道です.そしてその中に,根が切れる道があるのです.


>>最後までありがとうございます.
>>読み終えたら1クリックお願いします⇒人気blogランキング
>>PCでご覧の方はこちらもクリックお願いします⇒日記@BlogRankingFC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト
はじまして。突然のメールで失礼致します。ちょっとしたきっかけで、天理教の勉強をさせて頂こうと思い、こちらのブログに出逢わせて頂きました。未知の世界ですし、楽しく勉強ができればありがたいと思っていましたので、こちらにお邪魔できて、うれしくなりました。これからも楽しみに読ませていただきたいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。
[ 2007/01/26 11:10 ] [ 編集 ]
ようこそいらっしゃいました.私も勉強不足ですので,一緒に勉強していきましょう.よろしくお願いします.
1つ,余計なお世話とは思いますが,もしフリーメールやプロバイダメールなどお持ちでしたら,公開するのはそちらの方がいいかもしれません.収集ソフトで拾われてしまうと迷惑メールなどに悩まされる可能性がありますので.
[ 2007/01/26 17:26 ] [ 編集 ]
まおさんにお教えいただきました、メルアドを非公開にする方法ですがどうすればいいかわからないので、メールさせていただきました。こちらも初めてコメントを送らせていただいた次第でして…できましたら、お教えいただきましたように非公開にしたいのですが。お忙しいのに申し訳ありません。よろしくお願いいたします。
[ 2007/01/29 11:54 ] [ 編集 ]
コメント頁のMail欄に何も入力しなければいいのですよ.入力すれば公開になりますので.

フリーメールを取得したいのであれば,下記のURLを参照されるといいと思います.
http://www.kooss.com/freemail/
またわからなければ聞いてください.
[ 2007/01/29 13:21 ] [ 編集 ]
大変お返事が遅くなり、すみませんでした。
早速、削除いたしました。
これからもよろしくご指導下さいませ。
[ 2007/02/01 15:04 ] [ 編集 ]
過去2件のコメントにはアドレス入っていますけど構いませんか?コメントごと削除になりますけど,必要なら管理者権限で削除しておきますので言ってください.
[ 2007/02/02 20:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近記事とコメント
気軽にコメントください.
全ての記事+過去ログ

2015年 12月 【4件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【3件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【5件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【15件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【17件】
2011年 04月 【38件】
2011年 03月 【41件】
2011年 02月 【42件】
2011年 01月 【20件】
2010年 12月 【18件】
2010年 11月 【15件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【14件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【15件】
2009年 12月 【16件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【15件】
2009年 09月 【19件】
2009年 08月 【17件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【15件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【16件】
2008年 10月 【23件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【28件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【28件】
2008年 02月 【26件】
2008年 01月 【27件】
2007年 12月 【24件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【34件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【30件】
2007年 05月 【33件】
2007年 04月 【35件】
2007年 03月 【45件】
2007年 02月 【37件】
2007年 01月 【39件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【27件】
2006年 10月 【37件】
2006年 09月 【24件】
2006年 08月 【20件】
2006年 07月 【16件】
2006年 06月 【21件】
2006年 05月 【13件】
2006年 04月 【6件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【6件】
2005年 12月 【9件】
2005年 11月 【5件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【4件】
2005年 01月 【12件】
2004年 12月 【9件】

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター