お道と臨床と~心づくりのたね~

お道(天理教)と臨床心理学の視点を含めて,まおという人間が考える日々の通り方や考え方について綴っています.日記風なこともわりとあります.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神のご守護も受け取り方次第(1) 

ここしばらく末弟の彼女がよく夕づとめに参拝に来ていました.というのはお母さんがずっと胃が痛いと言っていておかゆしか食べられない状態で,胃がんの既往がある故から病院で検査をするので,無難に済むようにとお願いしていたのです.

これまでたまに遊びにきてはおつとめをしていったり,琴の練習をしていくことがあったりはしましたが,今回のお母さんの節から,まず3日間の夕づとめ参拝と今月の大祭で太鼓をつとめる心定めをしまして,3日間のお願いが終わっても,仕事が終わって来れるときには電車に乗って教会に参拝にきて時間があれば鳴物の練習をしていました.

今週はじめくらいに検査があって,昨日検査結果が出たらしく,彼女から会長に電話があったようです.どうやらただの胃の疲れだったらしくなんともなかったということを泣きながら電話をかけてきたということでした.そして,今日お礼づとめをしに来たそうです.

言うまでもなく彼女のお母さんがなんともなかったことはとてもありがたいことですし,そこに神様のお働きと感謝の念を抱かずにはいられません.本当に良かったと思います.しかし,それだけでなく今回のお母さんの身の上に起こった出来事によって,彼女が神様とつながり,神様のお働きと感謝の念,喜びの気持ちを少しでも感じたのであれば,それもとてもありがたいことだと思います.そして,そのご守護は彼女や一緒にお願いした人のなんとしてもお母さんにご守護をいただきたいという「たすけの心」と,その節を通して彼女自身や一緒にお願いした人の心の入れ替えができたことから得られたのかもしれません.

この道は「願い通りではなく心通りのご守護」と言われています.どんなに願っても自身の振る舞いや心遣いが神様の思いにかなったものでなければそれはかなわないものかもしれません.何もせずに各々の願ったことがかなってしまっては世の中大変なことになってしまいます.ですから,願うことも大事ですがそれに伴って自分自身の心を少しでも神様が喜ばれるような心―我さえよくばという心でなく,人をたすける心―に近づけていく努力が必要だと思います.

長くなりそうなので,続きは以下の記事を閲覧ください.
神のご守護も受け取り方次第(2)
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近記事とコメント
気軽にコメントください.
全ての記事+過去ログ

2015年 12月 【4件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【3件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【5件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【15件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【17件】
2011年 04月 【38件】
2011年 03月 【41件】
2011年 02月 【42件】
2011年 01月 【20件】
2010年 12月 【18件】
2010年 11月 【15件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【14件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【15件】
2009年 12月 【16件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【15件】
2009年 09月 【19件】
2009年 08月 【17件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【15件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【16件】
2008年 10月 【23件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【28件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【28件】
2008年 02月 【26件】
2008年 01月 【27件】
2007年 12月 【24件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【34件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【30件】
2007年 05月 【33件】
2007年 04月 【35件】
2007年 03月 【45件】
2007年 02月 【37件】
2007年 01月 【39件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【27件】
2006年 10月 【37件】
2006年 09月 【24件】
2006年 08月 【20件】
2006年 07月 【16件】
2006年 06月 【21件】
2006年 05月 【13件】
2006年 04月 【6件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【6件】
2005年 12月 【9件】
2005年 11月 【5件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【4件】
2005年 01月 【12件】
2004年 12月 【9件】

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター