お道と臨床と~心づくりのたね~

お道(天理教)と臨床心理学の視点を含めて,まおという人間が考える日々の通り方や考え方について綴っています.日記風なこともわりとあります.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

場の演出 

講師などを呼んで話をする場合の部屋の広さなどについて少しお話します.当たり前のことですが.

講演会のように,人に話をしてもらう際には話す方にとっても聞く方にとっても部屋の広さと詰める人数のバランスというのが意外と大事です.ぎゅうぎゅうでも窮屈で落ち着いて話を聞けませんし,話す方も圧迫感,注察感があります.がらがらでも聞く方の意欲は削がれますし,話す方も同様です.適度な人数がいいのです.部屋にある程度人が詰まっていれば,きっとそれなりにいい話をされる人なんだろうなという先入観を聞き手に持たせることができます.

教会の月次祭などで講話を聞く機会がある人もいるかと思います.この場合は場所を選ぶことができませんので仕方ありませんが,場所を選べるのであれば,予定人数に見合った場所を確保した方が話し手に失礼がありませんし,場所を選べないのであれば,可能な限り適度な人数を確保するようにした方がいいと思います.

ちなみにうちの神殿は20畳なのですが,月次祭の講話のときは大抵10人未満です.少し少ないですがそう簡単に確保できません.現実的にはなかなか難しいですね.
関連記事
スポンサーサイト
“場”を“環境”と考えると、ジオンいわく「人は環境によって変わっていく!」“適応”するのかもしれませんが^_^;、ならば逆に良い環境を整えることによって良い影響を与えることは可能なのかもしれません。(計算立ってはいけませんが…)
御本部のような神殿でおつとめをすればテンポは“ゆっくり”になりやすく、寒い神殿ですればテンポは“早く”なってくるようです。(心理実験はしておりませんが…^_^;)
神殿でのおつとめは“長調”なのに、教祖殿でのおつとめは“短調”になる、との説もあります。(科学的検証はしておりませんが…^_^;)
カウンセリング・ルームの大きさにしろ、トイレの大きさにしろ、お話を拝聴する空間にしろ、まだまだ研究の余地がありそうですね。(^-^*)/
個人個人の“プライベート空間”(ここまでは近付いてもいいけど、これ以上は入らないで!)を対象とした心理学もあるそうです。
こんなチマチマしたことを考えることは無駄な努力なのかもしれませんが^_^;、現代のストレス社会に少しでも貢献出来るのなら、それはそれで良いノウハウなのかもしれません。(少なくともサービス業では役に立っているようです!)
[ 2008/06/04 00:12 ] [ 編集 ]
宇宙に適応した姿が所謂ニュータイプですね.
プライベートスペースはトイレや電車に如実に表れますよね.なるべく間を開けて用を足したり,座ったりするものです.いろいろ考えてみるとおもしろいですね.
[ 2008/06/14 23:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近記事とコメント
気軽にコメントください.
全ての記事+過去ログ

2015年 12月 【4件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【3件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【5件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【15件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【17件】
2011年 04月 【38件】
2011年 03月 【41件】
2011年 02月 【42件】
2011年 01月 【20件】
2010年 12月 【18件】
2010年 11月 【15件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【14件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【15件】
2009年 12月 【16件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【15件】
2009年 09月 【19件】
2009年 08月 【17件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【15件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【16件】
2008年 10月 【23件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【28件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【28件】
2008年 02月 【26件】
2008年 01月 【27件】
2007年 12月 【24件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【34件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【30件】
2007年 05月 【33件】
2007年 04月 【35件】
2007年 03月 【45件】
2007年 02月 【37件】
2007年 01月 【39件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【27件】
2006年 10月 【37件】
2006年 09月 【24件】
2006年 08月 【20件】
2006年 07月 【16件】
2006年 06月 【21件】
2006年 05月 【13件】
2006年 04月 【6件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【6件】
2005年 12月 【9件】
2005年 11月 【5件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【4件】
2005年 01月 【12件】
2004年 12月 【9件】

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター