お道と臨床と~心づくりのたね~

お道(天理教)と臨床心理学の視点を含めて,まおという人間が考える日々の通り方や考え方について綴っています.日記風なこともわりとあります.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

教科書にのっていないアフリカ 

行ってきました.アクアシティお台場アクアアリーナの一角で行われていた小さなイベントでしたが,足を運んだ甲斐はありました.

体験型イベントということで,MP3プレイヤーから流れるアナウンスを聞きながら写真を見ていくもので,何人かのアフリカの子どもたちの実話がモデルになっていました.

私が見た世界は,ウガンダのエマニュエル3歳.

父親がエイズで亡くなり,母親と8歳になる兄と3人で生活していましたが,母親も咳き込むようになり,薬をもらうために持ち物を売って,歩いて10kmかかるクリニックを近所の人に自転車を借りて母を病院に連れて行きました.ケアの仕方を教えてもらい帰って来ましたが,母は間もなく亡くなりました.
その後,2人で家で生活していましたが,雨でその家も壊れてしまい,おばを頼って訪ねましたが,持ち物をほとんど取られた上,「お前たちも親のように死ぬんだよ」と言われて追い出され,家のない生活をせざるを得なくなりました.それを見た近所の人が家を建てるのを手伝ってくれて,二人の家ができました.雨がしのげることのありがたさをかみ締めたようです.
2年ほどが経ち,兄弟たちは両親がなぜ死んだのかを突き止めたくなり,クリニックを訪ねました.先生は「君たちの両親はエイズで亡くなったんだよ」と教えてくれました.その頃,エマニュエルもまた,両親と同じように咳をするようになったため,兄は心配で仕方がありませんでした.兄は意を決してエマニュエルをクリニックに連れていきました.エイズの検査は陰性でしたが,「エマニュエルはウガンダの子どもの中では幸運」とのことでした.その数年後,ワールド・ビジョンのスタッフに発見されて,今はチャイルド・スポンサー・シップの保護を受け,医師になるために勉強しているとのことでした.

ウガンダでは世界で最初に爆発的にエイズ患者が増加した国であり,近年やや減少傾向にあるもののまだまだ被害は甚大で,エイズ遺児も多くいるようです.両親を病気で亡くした「子ども世帯」と呼ばれる世帯もあり,彼らの生活は悲惨だと言います.

他にも3人のストーリーがあり,一緒に行った彼女が見た子ども―スティーブンは夜中に拉致されて兵士になる訓練を受けさせられて,殺人の手伝いをさせられていた子どもでした.やらないと自分が殺されるのでやらざるを得ない凄惨な生活です.男の子も女の子も拉致されたあとは性的虐待に遭い,女の子は兵士となる子どもを産ませるために妊娠させられるということでした.HIV感染も多いそうです.人権も何もあったものではありません.

これらはウガンダの子どもたちに実際に起こっている事実であり,私たちがのんきに平和なくらしをしている間に,なんとかこの苦しみから解放されたいと願っている子どもたちが何百万といるという事実を重く受け止めました.

「すべての人々に何もかもはできなくとも,誰かに何かはできる」というボブ・ピアスの言葉を思い出し,また日頃より心に留めておこうとしているおやさまの教えをもとに,いくらもできないけれども,私も私にできる何かをさせていただこうと再び決心しました.毎日ペットボトル1本(150円)を我慢するだけで,こうした貧困に苦しむ人たちに救いの手を差し伸べることができるのならば,それも立派な人だすけとして親神様に喜んでいただけるたねとなることと思います.また,結婚を前に,自分たちが当たり前と思っていることが世界では当たり前ではなく,どれほど恵まれていてどれほど感謝しなければいけないのかを再確認できたこともよい経験でしたし,つらい現実を見たけれど,知ってよかったと思いました.

イベントは明日までやっていますので,よろしければ是非足を運んでみてください.
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近記事とコメント
気軽にコメントください.
全ての記事+過去ログ

2015年 12月 【4件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【3件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【5件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【15件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【17件】
2011年 04月 【38件】
2011年 03月 【41件】
2011年 02月 【42件】
2011年 01月 【20件】
2010年 12月 【18件】
2010年 11月 【15件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【14件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【15件】
2009年 12月 【16件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【15件】
2009年 09月 【19件】
2009年 08月 【17件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【15件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【16件】
2008年 10月 【23件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【28件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【28件】
2008年 02月 【26件】
2008年 01月 【27件】
2007年 12月 【24件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【34件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【30件】
2007年 05月 【33件】
2007年 04月 【35件】
2007年 03月 【45件】
2007年 02月 【37件】
2007年 01月 【39件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【27件】
2006年 10月 【37件】
2006年 09月 【24件】
2006年 08月 【20件】
2006年 07月 【16件】
2006年 06月 【21件】
2006年 05月 【13件】
2006年 04月 【6件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【6件】
2005年 12月 【9件】
2005年 11月 【5件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【4件】
2005年 01月 【12件】
2004年 12月 【9件】

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター