お道と臨床と~心づくりのたね~

お道(天理教)と臨床心理学の視点を含めて,まおという人間が考える日々の通り方や考え方について綴っています.日記風なこともわりとあります.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

5/10の結婚式(まお編) 

遅くなりましたが,振り返って書きたいと思います.

当日,6時頃自然と目が覚め,起床.6時半より献餞をしました.三殿各10台ずつお供えさせていただき,珍しく鯛も3匹あがりました.7時に朝づとめを行い,7:20頃私は出発.あいこを迎えにいきました.お母さんに挨拶をしてあいこと共に役場へ.婚姻届を出してきました.その後,披露宴会場へ向かい,あいこを降ろし,私は帰宅.楽人をしてくれる友人Kもすでに来ていました.彼の龍笛は超一流です.10時頃,主礼をつとめていただく会長さんがお見えになり,引き続き打ち合わせや準備が行われました.11時頃にはあいこの家族も見えました.その後間もなく,式場にて着付けを終えたあいこも白無垢姿で到着し,私は教会の前まで迎えにいきました.若干の式の確認をするとすぐに式の時間です.一緒にあいこのご家族に顔みせにいき,列席者は着席となりました.

11時半,挙式.わがやということもあり,緊張はほとんどありませんでした.父が挙げた場所で自分も式を挙げられることを本当にありがたいと感謝し,またそれをすんなり受け入れてくれたあいことそのご家族にも感謝しました.こういうときくらいはまじめな顔をしていないといけないと思い,あまり回りは見ずにただ前だけを見ていました.人と目が合うとうっかり笑ってしまいそうで大変でした.三々九度,玉串と順調に進み,誓詞もかむことなくしっかりと読めました.退席後,お礼のおつとめも声高らかに唱和させていただきました.まったく知らないあいこ方のご親戚がどのように思っているのかがいささか気になりましたが,私たちの姿を見ていただくこともにをいがけと思いました.その後,親族紹介,写真撮影とうつっていきました.堅苦しくなることもなく賑やかに過ぎていきました.第1部の終了です.

1時過ぎくらいに,私とあいこは一足先にあいこの弟の運転で会場へと向かいました.他の人たちは1時20分頃バスにて出発です.会場でタキシードとウエディングドレスに着替え,その後はウェルカムフロアにて参加者の皆としばし時間を過ごしました.ここでの私はまったくの飾り,いやむしろ飾り以下です.まるでジオングの足の如く,『現状で新婦あいこの性能は100%出せています』『新郎まお?あんなの飾りです.誰にでも一目瞭然ですよ』と言われているようで(※),そのくらい私は注目されることはありませんでした.それがやや寂しくもありましたが,新婦を立て新婦とそのご家族に喜んでいただくのが披露宴と思っていましたので,それでよかったと思います.ただ受付奥のカウンターの方にプラモなどを飾っていたのにそれに対する注目もイマイチだったのは悲しかったです.

3時半,いよいよ開宴となりました.参加者が先に入室に私たちは後から入場となりました.まずは新郎である私の入場です.入場曲は知る人ぞ知る劇場版機動戦士ガンダム~めぐりあい宇宙のテーマソング「めぐりあい」,サビ出しからです.もちろん事前に編集してあります.笑って入場し,入口にて会釈してメインテーブルへと歩いていきました.私が笑っているので会場内も笑いの渦です.続いて新婦と父親の入場,平原綾香の「I will be with you」です.いいチョイスです.入場にぴったりだと思いました.父と新婦が私の前に来て私は父と握手し,新婦の手を取る・・・はずでした.しかし,父と握手した瞬間,もってかれました.一人涙.哀・戦士.今日ここに至る父の娘への思い,娘を送り出す寂しさ,そして託す思い,そのメッセージを勝手に感じ取り,いきなり泣きました.会場隅の方からは「いきなりかよ!」「はえーよ!」といった弟たちの声が飛び交い,またもや会場は大爆笑.開宴数分,まだ挨拶もしていない段階から泣いている新郎を私はかつて聞いたことがありません.手をとり隣に来たあいこも「何で泣いてるの?」と困惑の表情を隠せません.私自身も予想外のことでしたが,あいこはもっとびっくりしたことでしょう.父が出直して以来,父親ネタにはめっぽう弱いということもありますが,いくらなんでも弱すぎです.装甲はザク並といってもいいでしょう.披露宴という対空砲火にの前には装甲はただ焼かれていくのみです.

開宴に先立ち,まずは私からの挨拶.これはきっちり締めて問題なくできました.上級会長による来賓スピーチ,叔父による乾杯と続き,いよいよ酒宴,じゃくて祝宴が始まりました.女友達は写真をとりに集まり,男友達は酒を注ぎに集まります.人生でもっともスポットが当たるときだろうなと思いながら時を過ごしました.司会(あいこの友人)によるプロフィール紹介も素晴らしかったです.メインテーブルから動けないというのも窮屈だなぁと思いましたが,集まってくれた人たちと歓談しながら次第にケーキ入刀へとうつっていきました.このときは凄まじいまでのカメラを向けられ,人生で二度とこんなにカメラを向けられることはないだろうと思いました.その後,翌日が母の日だということで,新郎新婦から両家の母へのプレゼントという演出があったのですが,会場係から母に渡すプレゼントを受け取った途端,これまで母には苦労かけたという思いと母への感謝が込み上げ,私一人泣いていました.「また!?」「早いぞ!」「情けないぞ兄ちゃん!」と弟や友人の声が響きます.まったくです.私が母に渡すプレゼントを渡されただけで泣いていたら感動も何もありません.なんとも情けない話です.しかし,会場は大爆笑.手渡し後,あいこは弟と共に退場していきました.

一人テーブルに取り残された私,退屈で仕方ありません.なんてったって私はジオングの足ですからね.それを察して再び友人たちが注ぎにきてくれました.

続いて私の退場のときが来ました.私は母と共に退場したのですが,ここはまおテイストでこだわっていたので,泣いている場合ではありません.アムロ・レイの「いきまーす!」というボイスの後,「ガンダム大地に立つ」が流れ,続いて逆襲のシャアの「メインタイトル」が流れます.ガンダム好きの従兄も来ていたので,彼も大喜び.私も大満足で会場を後にしました.退場後は,私自作のヒストリービデオが友人Tの手によって流されました.

新婦お色直し後の再入場は雨が降っていましたが,あいこの希望もあり,白い傘を差してのガーデン入場でした.テラスに出た皆に出迎えられ,その後各テーブルを回って一人ひとりに手紙を私テーブル毎に写真をとりました.そして,あいこの従妹よりプレゼントをもらった後,友人スピーチとなりました.Tは私の高校以来の友人で8日の晩から手伝いに来てくれ,当日も式の写真撮影,披露宴の写真撮影,プロジェクター操作とフル駆動してしてくれています.そして,ここでもまた活躍してくれました.続いて,あいこの友人のスピーチがあり,余興ではあいこの高校の友人たちが歌を披露してくれ,一緒に唄っていたあいこは感涙していました.私の大学の友人はゲストインタビュー形式の余興をしてくれました.開始に「翔べ!ガンダム」を使っていましてこれが何気にサプライズで嬉しかったです.あいこ友人,義姉,あいこ弟と3人話して4人目がなんと私でして,ハメられたと思いました.まさか自分に来るとは思っていなくてびっくりしましたが,なんとか乗り越えました.ほんとに覚えていなかったプロポーズの言葉などを言わされ,散々でした.

時間がおしていたのでデザートのウェディングケーキをテラスで大急ぎで配り,宴はお開きへと向かっていきました.新婦あいこの両親への手紙,これは文句なしに素晴らしかったです.あいこの両親への思いがしっかりと込められていたと思います.続いてウェイト人形の手渡し,これもあいこがフモフモさん1Lにおもりをつけて私たち二人の出生体重にして羽織袴と白無垢を着せたもので手作りでして,会場入口にウェルカム時には飾ったおいたものです(手作りウェイトフモフモの作り方は後にあいこに記事にさせます).渡した後で,あいこ父の挨拶があり,最後の言葉にはぐっときました.締めに新郎まおからのお礼の挨拶.いろいろ話すとまた泣きそうだったのでとりあえず最小限に留めてきっちり締めました.新郎新婦と両親の退場後,やはり私自作のエンドロールビデオの上映があり,終了後ゲストの見送りとなりました.一人ひとりにプチギフトを渡してお礼を述べ,本日の第2部が終了しました.退場時に絶賛してくださる方が多く,本当によい披露宴だったんだなぁとありがたく思いました.何しろ手作り感満載の披露宴でしたので,オリジナリティには富んでいたかと思います.

そして,舞台は再び第3部の教会へと移っていきます.バスは数箇所経由していたため,後から帰った私たちの方が教会へ帰るのが早かったので,すぐに2次会の準備をしました.私が天理生活が長かったものですから,友人の多くは遠路はるばる関西からきてくれるため,多くの友人が泊まっていくのです.実は教会の留守番は信者さんが一人でしてくれていて,撤饌や夕づとめ,そして二次会の準備までしてくれていました.本当にありがたかったです.それら準備をしているときにゲストたちも帰ってきて第3部となりました.すでに頭痛がしていた私はあまりはしゃぐこともできず,まったりと過ごしました.皆ももう会場ではありませんので,思い思いに時間を過ごしていたようです.皆が寝たあと,私たちも休んだので,結局夜中の2時とかでした.あいこが一番遅く3時半頃まで起きていたようです.お疲れ様でした.

本当に長い1日でしたが,楽しく素晴らしい日だったと思います.大勢の方が力を貸してくださったおかげです.会長さん,友人,信者さん,親戚,家族と本当にありがとうございます.心よりお礼申し上げます.この日の喜びと誓いを忘れることなく日々を喜んで過ごさせていただきたいと思っている今日この頃であります.後日談ですが,披露宴だけでなく教会での式もあいこのご両親,ご親戚も喜んでくださったということでしたので,私としても本当によかったです.これからの人生でもこれまでの恩返しを家族のごとく,あいこと一緒にさせていただこうと思っているところです.


※実際のセリフは「現状でジオングの性能は100パーセント出せます」 「あんなの飾りです.偉い人にはそれがわからんのですよ」です.
関連記事
スポンサーサイト
いよいよ、無事に夫婦になったのですね。本当におめでとう!まおさんの事細かな回想を読んで、自分の式の時のことを思い出しました。ホントに人生最良の日だったと思います。
いきなり泣くなんて…まおさんらしい(笑)。だって、お父様のこともお母様のことも、また、同じくあいこさんのご両親のこともしっかりと想っているからこその涙ですもんね。あいこさんも「この人でよかった」ってしみじみ思ったと思います。男の人の涙を見ることはなかなかないから、押さえ切れない感情でなく姿っていうのは感動するよ。
その幸せな想いを胸に刻んで、二人でしっかりと歩んでいってね。また天理に来ることがあったら、一声掛けて下さい。
[ 2008/05/15 22:37 ] [ 編集 ]
ご結婚おめでとう御座います。
この記事をまだかまだかと待ち望んでおりました。当日お祝いに駆けつけられなかったのが残念ですが、記事を読ませてもらい、いい結婚式、披露宴だったんだろうなぁ、と思いました。
これから、お二人、どちらがえらいとか、どちらが苦労しているとか、そんなどちらというのではなく、どちらもそうなんだということをお互いに感じながらいければよいように思います。まぁ、お二人ならばだいじょうぶでしょうが…。
これからも、末永くお幸せに、まお君またあいこさんを紹介してください。ではでは
[ 2008/05/16 08:48 ] [ 編集 ]
感謝・感激の素晴らしい当日のご報告、グッぐっと心に伝わって来ました。とってもあったかいまおさんご夫妻と所縁のある皆さまですね。
ありがとうございました。


[ 2008/05/16 11:14 ] [ 編集 ]
長巨編結婚式報告(まお編)!ご苦労様でした。読むほうは非常に楽しめましたが、書く方となると、その大変さ・苦しさは・・・。

素晴らしいDVD拝見!もう感動でしたよ。嫁さんと二人、2回続けてみました。併せて結婚報告を読み、更に感動が生まれました。

まおさんの涙。奥さんの笑い。弟達の突っ込み。あいこさんの姿。まおさんのお父さん。おじいさん。あいこさんのご両親。

凄いDVDでした。特に好きな1枚と言われたら、最後の方にでたお二人のにっこり笑った写真です。モノクロからカラーへと変化するそれこそが、これからのお二人の未来を暗示するかのようで、心に残ります。

技術的にいっても、私なんか足下にも及びません。前作に比べたら、格段、なんてものじゃないほどの進歩だと思います。私もできないエフェクトばんばん。本当に凄いDVDでした。もちろん愛の力ですね。本人が、自分のものを作るとこうなる!といった見本を見たように思います。

構成も素敵です。最初見た時、この二つがどうなるのか?と思いましたが、別々に流したのですね。最後にあのエンドロールを見たら、みんな感激しますよ。最後に皆さんがとても好評だったというのもうなずけます。

本当に手作りの素晴らしさ、心のこもったDVD、そして結婚式だったと思います。本当に素敵なDVDでした。

ちなみに、あいこさんは、イメージ通りの方でしたよ。お伝え下さい。

感謝!
[ 2008/05/16 21:20 ] [ 編集 ]
>なほさん
ありがとうございます.夫婦としてはなほさんは何年か先輩なんで色々ご指導ください.またそのうち会えるといいですね.

>ガッツさん
ありがとうございます.できれば披露宴に来てほしかったですが仕方ありませんね.互いに立てあって助けあってやっていきたいと思います.また天理で会いましょう.

>futyanさん
ありがとうございます.どんな感じだったのかが伝わったのであれば幸いです.

>鯉太郎さん
お褒めのお言葉ありがとうございます.2回続けてみていただけるなんて光栄です.技術は大して必要ないんですよね.エフェクトはソフトに入っている中から選択するだけですので.写真の構成やテロップなどはその人らしさが出るかもしれませんね.エンドロールはかなり喜んでいただけたようです.どちらも頑張った甲斐がありました.
[ 2008/05/18 23:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近記事とコメント
気軽にコメントください.
全ての記事+過去ログ

2015年 12月 【4件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【3件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【5件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【15件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【17件】
2011年 04月 【38件】
2011年 03月 【41件】
2011年 02月 【42件】
2011年 01月 【20件】
2010年 12月 【18件】
2010年 11月 【15件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【14件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【15件】
2009年 12月 【16件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【15件】
2009年 09月 【19件】
2009年 08月 【17件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【15件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【16件】
2008年 10月 【23件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【28件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【28件】
2008年 02月 【26件】
2008年 01月 【27件】
2007年 12月 【24件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【34件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【30件】
2007年 05月 【33件】
2007年 04月 【35件】
2007年 03月 【45件】
2007年 02月 【37件】
2007年 01月 【39件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【27件】
2006年 10月 【37件】
2006年 09月 【24件】
2006年 08月 【20件】
2006年 07月 【16件】
2006年 06月 【21件】
2006年 05月 【13件】
2006年 04月 【6件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【6件】
2005年 12月 【9件】
2005年 11月 【5件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【4件】
2005年 01月 【12件】
2004年 12月 【9件】

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター