お道と臨床と~心づくりのたね~

お道(天理教)と臨床心理学の視点を含めて,まおという人間が考える日々の通り方や考え方について綴っています.日記風なこともわりとあります.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

感謝の気持ち 

今,会長である母や信者さんがおたすけに通っている人がいます.毎月参拝に来る信者さんの旦那さんなのですが,脳梗塞で倒れ,入院中です.本人はもちろん信仰はしておりません.ですが,おさづけでご守護をみせていただき,動かなかった手が動くようになり,見えなかった目が見えるようになり,本人は大喜びです.医者も不思議なものだと言っていたそうです.これを「予後が良好なケースだった」と片付けてしまえばそれまでなのですが,私はそうは思いません.本当にこの方にたすかってもらいたいという誠真実と本人が本当にたすかりたいという思い,そして周りの篤い信心や心遣いによって,本人が少しずつ心を入れかえていき,それによって親神様がお働きくださっているのだと思います.願い通りではなく,心通りのご守護であると教えられています.もちろん本人や周囲の回復を願う心も大事だと思いますが本人の心の入れ替えによってきっと鮮やかなご守護をいただけるかと思います.本人はまだ信心はしておりませんが,今「おさづけ」に来てくれるのを楽しみに待っているようです.何か人智を超えたものの働き,自分が生かされているということを感じつつあるのかもしれません.

自分の体なのに自分の思うようにならない.これは病気や怪我などしたときに誰でも感じることだとは思いますが,このことが我々の身体が,完全に自律したものでなく,何らかの働きによって生かされているということの証だと思います.人はうまくいっているときは,なかなかそれを感じることができません.自由を失って初めて感じることができるのかもしれません.自分の力ではどうしようもなくなったとき,人は超越的な対象に対して祈ります.神頼みという言葉があるように,特定の信仰対象をもたずとも人は何者かに祈るのです.そして,乗り越えたときに一時であれ感謝すると思います.これは宗教的な心を人間が普遍的にもっていることの証です.当たり前のように日頃生活しているかもしれませんが,自分だけの力だけで生きているのではなく,超越的存在を含め色々なものに支えられて生きているのです.今日という日を生きていること,生かされていることに感謝する気持ちを忘れないようにしたいものです.
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近記事とコメント
気軽にコメントください.
全ての記事+過去ログ

2015年 12月 【4件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【3件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【5件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【15件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【17件】
2011年 04月 【38件】
2011年 03月 【41件】
2011年 02月 【42件】
2011年 01月 【20件】
2010年 12月 【18件】
2010年 11月 【15件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【14件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【15件】
2009年 12月 【16件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【15件】
2009年 09月 【19件】
2009年 08月 【17件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【15件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【16件】
2008年 10月 【23件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【28件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【28件】
2008年 02月 【26件】
2008年 01月 【27件】
2007年 12月 【24件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【34件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【30件】
2007年 05月 【33件】
2007年 04月 【35件】
2007年 03月 【45件】
2007年 02月 【37件】
2007年 01月 【39件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【27件】
2006年 10月 【37件】
2006年 09月 【24件】
2006年 08月 【20件】
2006年 07月 【16件】
2006年 06月 【21件】
2006年 05月 【13件】
2006年 04月 【6件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【6件】
2005年 12月 【9件】
2005年 11月 【5件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【4件】
2005年 01月 【12件】
2004年 12月 【9件】

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター