お道と臨床と~心づくりのたね~

お道(天理教)と臨床心理学の視点を含めて,まおという人間が考える日々の通り方や考え方について綴っています.日記風なこともわりとあります.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

虐待について(その3) 

未読の方はまず以下を閲覧下さい.
虐待について(その1)虐待の分類
虐待について(その2)虐待にかかわるとき

しばらくぶりですが,今回は児童虐待への対応についてです.

児童虐待への対応は3つのレベルから考えることができるかなと思います.第一レベルは「発生予防」,第二レベルは「早期介入・保護」,第三レベルは「被虐待児とその親への援助」です.

第二レベル以降は専門的な対応が主になってきますので,第一レベルの「発生予防」についてのみ述べます.虐待に至るような状態にならないようにすることが一番よいので,いかに予防するかというのはとても大事なことです.

①子育て支援
子どもを育てるということは容易ではありません(私が言うのもなんですが).子どもを責任をもって育てるという覚悟なくしては不可能ですし,覚悟があっても親の思い通りに子どもは育ってくれるわけではありません.そのような際に,親は育児不安を抱えることになります.また責任放棄という選択肢をとりたくなる場合もあるでしょう.そうした子育てにまつわる不安やストレスなどを共有・解消するコミュニティを本人がもっているかどうかということは意外と重要です.孤立化の防止という意味で集いの場を利用できるといいでしょう.近所や同世代の友人との交流でもいいですし,関係機関として母子教室や地域子育て支援センターを利用することも可能です.大切なのは大変さを1人で抱え込みすぎないことです.子育てで困っている人がいたら,何か子育て支援となる情報を提供してあげられるといいと思います.

②ハイリスクの家庭や親への支援
10代の妊娠(今「14才の母」という衝撃的なドラマも放映していますね)や産後うつ,精神疾患,アルコール問題,パーソナリティの問題など精神的・心理的問題を抱える人たちはハイリスク家庭として認識しておく必要があります.また,経済的貧困やひとり親家庭(母子家庭・父子家庭),再婚家庭など環境的要因としてのリスクを抱える家族もそれに準じる場合もあります.(誤解のないよう必ずしもすべてのケースがあてはまるわけではなく,ときにはあてはまることもあると述べておきます.)こうした家庭は周囲からの支援が得られにくいこともありますので,公的機関の支援を利用することが重要になってくるかもしれません.

③地域ネットワーク
地域には児童相談所や保健師,民生委員など地域における連携・協働のシステムが存在すると思います.必要なときにはそうした機関の援助を受けることが有用な場合がありますので,教えてあげたいものです.

④子育て教育
子ども好きなこと,子どもとの時間を過ごすことが苦痛でないことはとても大事なことです.それは早期から教育することも可能であると思います.低年齢からの乳幼児とのふれあい体験を重ねておくことは自分が親になって子どもをもったときに,より子どもに対しての愛着に結びつくかもしれませんので,子どもとふれあう機会をできるだけ多くもつこともいいことだと思います.

発生予防としては,簡単に述べるとこんなところでしょうか.他にもたくさんあると思いますが.虐待の報道も後を絶ちませんが,あのようなむごいことになる家庭が少しでも減っていくことを切に願っています.

子どもはつくるものではなく,授かるものです.望んでも授からない人もたくさんいます.奇跡的に授かった命なのです.その命は陽気に暮らすためそれぞれの家庭に生まれてきて,そして生かされています.その命の重さを親になる人は知る必要があると思います.そのことが理解できないのであれば,人は親になるべきではないと私は思います.親とは子どもをどんなときも見守り,あたたかく育てていくものです.(それは親神様が私たちをお守りくださるのと似ているかもしれません.)私も時機を与えていただけるのであればそのような親になりたいものです.


>>最後までありがとうございます.
>>読み終えたら1クリックお願いします⇒人気blogランキング
>>PCでご覧の方はこちらもクリックお願いします⇒日記@BlogRankingFC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト
本当にまおさんのおっしゃるとおりだと思います。
昨日、うっかり「14才の母」を、
今まで見たこともなかったのに、見始めてしまい、
最終回だったので最後まで見てしまいました。
でも、改めて命の重さというようなものを
感じた気がしました。
自分が母親になったときのことを思い出しました。
また今の自分が恵まれているなと改めて思いました。
[ 2006/12/21 08:42 ] [ 編集 ]
あのドラマについては色々思うことがありますが,話すと長くなるので述べません.ただつくづく命は大事だということは感じます.
男はどう転んでも命を胎内に授かる母親にはなれません.奇跡的な経験をされていると思います.
[ 2006/12/21 21:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近記事とコメント
気軽にコメントください.
全ての記事+過去ログ

2015年 12月 【4件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【3件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【5件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【15件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【17件】
2011年 04月 【38件】
2011年 03月 【41件】
2011年 02月 【42件】
2011年 01月 【20件】
2010年 12月 【18件】
2010年 11月 【15件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【14件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【15件】
2009年 12月 【16件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【15件】
2009年 09月 【19件】
2009年 08月 【17件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【15件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【16件】
2008年 10月 【23件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【28件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【28件】
2008年 02月 【26件】
2008年 01月 【27件】
2007年 12月 【24件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【34件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【30件】
2007年 05月 【33件】
2007年 04月 【35件】
2007年 03月 【45件】
2007年 02月 【37件】
2007年 01月 【39件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【27件】
2006年 10月 【37件】
2006年 09月 【24件】
2006年 08月 【20件】
2006年 07月 【16件】
2006年 06月 【21件】
2006年 05月 【13件】
2006年 04月 【6件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【6件】
2005年 12月 【9件】
2005年 11月 【5件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【4件】
2005年 01月 【12件】
2004年 12月 【9件】

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター