お道と臨床と~心づくりのたね~

お道(天理教)と臨床心理学の視点を含めて,まおという人間が考える日々の通り方や考え方について綴っています.日記風なこともわりとあります.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

不快さの中でみつけた感謝 

今日は不快な出来事がありました.

祖父の通院日だったので病院に連れていき,その帰りに灯油を2缶買ったのですが,灯油のキャップが割れていました.ポリタンクを積んだときにキャップが割れていたのに気がついて,別のポリタンクと取り替えて積んだのですが,どうやら新たに積んだポリタンクもキャップが割れていたようです.

自分の不注意をついてないなぁと運のせいにし,短い距離だし気をつけて走れば大丈夫だろうと思い,割れているのと割れていないのと両方とも灯油を入れました.そして車の後ろに積みます.4缶入れると荷台の幅とぴったり合って動くことがないのですが,2台だったので,倒れる危険性がありました.ここで,私は大きなミスを犯していました.キャップが割れている方のタンクを中央寄りに置いていたのです.このことにまったく気がつかない私は,タンクを積んで走り始めました.

いつもの通り慣れた道を走っていると,工事をしていて片側通行になっています.警備員が棒を振って止まるよう指示しているので,私はとっさに裏道を利用することにしまして,ハンドルを切って左折しました.すると,後方から「ドタツ!」と鈍い音がしました.

「しまった!!タンクが倒れた!!」と思い,少し走ったところに駐車して後方のドアを開けると案の定,灯油がドクドクこぼれています.すぐに起こしましたが下に敷いてあった新聞紙はすでに灯油浸しです.最悪だと思いつつ,どうにもならないのでとりあえず祖父の足元にタンクを置いてもらい,家に帰りました.

家に帰るとすぐに新聞紙を取りに行って灯油を拭き取り車の掃除に取り掛かりました.ついでなので掃除機もかけてマットも洗って車体も洗いました.さすがに腹が立ったのですが,何に立てたかって,せっかく積みなおしたのにまた割れたキャップのタンクを積んでいる自分のバカさ加減と,割れているのを知っていながら割れているタンクを中央寄りに置いた自分のバカさ加減にです.

でも,腹を立てても何も解決しませんし,心のほこりになりますので,実は今日は天気がよかったので洗車でもしようかなぁ,でも面倒だなぁなどと考えていたのでちょうどよい機会だったとまず合理化をしてポジティブに考えることにしました.

加えて,掃除をしているうちに実は大変ありがたいことがあったことにも気がつきました.もし私がキャップが割れているのを気付いていなかったとしたらどうでしょう?私はポリタンクが倒れてもキャップ閉めてるしまぁいいやとそのまま家まで走り続けていたでしょう.そして,家に帰って車のドアを開けて初めて灯油が1缶分すべてこぼれていることに気がつき,ショックを受けたに違いありません.さらに,20L流れるということは下や周辺まで染み込みますのでシートもやられていたかもしれませんし,車の駆動系のパーツまで浸透したかもしれず,ともすれば大きな事故になっていたかもしれないのです.そう考えると,大難を小難にしていただいたなぁと不快な出来事の中にも喜びを見つけることが可能になるのです.

さて,ポリタンクがその後どうなったかと言いますと,掃除をしている間に会長が別のポリタンクから新しいキャップをつけておいてくれたようです.ですが,私がタンクを運ぼうと思って近づくと,キャップが割れています.どうやら会長も間違ったようです.割れたキャップの替わりにまた割れたキャップをつけるとは呆れてものも言えんと思いましたが,私がしたことと同様であり,この人がいて私のあの行動もあったのかと親子の縁を感じました.やれやれです.

今日は不快な出来事がありました.でもその中にも感謝を見つけることができました.
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近記事とコメント
気軽にコメントください.
全ての記事+過去ログ

2015年 12月 【4件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【3件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【5件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【15件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【17件】
2011年 04月 【38件】
2011年 03月 【41件】
2011年 02月 【42件】
2011年 01月 【20件】
2010年 12月 【18件】
2010年 11月 【15件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【14件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【15件】
2009年 12月 【16件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【15件】
2009年 09月 【19件】
2009年 08月 【17件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【15件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【16件】
2008年 10月 【23件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【28件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【28件】
2008年 02月 【26件】
2008年 01月 【27件】
2007年 12月 【24件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【34件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【30件】
2007年 05月 【33件】
2007年 04月 【35件】
2007年 03月 【45件】
2007年 02月 【37件】
2007年 01月 【39件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【27件】
2006年 10月 【37件】
2006年 09月 【24件】
2006年 08月 【20件】
2006年 07月 【16件】
2006年 06月 【21件】
2006年 05月 【13件】
2006年 04月 【6件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【6件】
2005年 12月 【9件】
2005年 11月 【5件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【4件】
2005年 01月 【12件】
2004年 12月 【9件】

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター