お道と臨床と~心づくりのたね~

お道(天理教)と臨床心理学の視点を含めて,まおという人間が考える日々の通り方や考え方について綴っています.日記風なこともわりとあります.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

私的ジャンケン論 

ひろさんのリクエストにこたえて私が以前考えた「ジャンケン論」を旧ブログより転載します.

9月25日の夕食はカレーだったのですが,洗物をどちらがやるかで弟とジャンケンで決めることになりました.言い出したのは私です.

弟はグー,私はチョキを出しました.無論私の負けです.私は潔く洗物をしました・・・.

ここでふと思ったのは「言い出しっぺは負ける」ということです.よくよく考えると,こういうのってたいてい言い出した人が負けているような気がしませんか??この事実に気付いたのは今になってではありませんが,昔から何故言い出した人が負けることが多いのだろうと思っていました.今日はふとそのカラクリが解けた気がしたので,解説したいと思います.

こういうなすりつけ合いのジャンケンって,たいていそれをやりたくない人が言い出します.ジャンケンに勝てば,負けた人にやってもらえるので自分は楽をできるわけです.(もちろん負けたら自分がやらないといけませんが.)できれば勝って楽をしたいという気持ちが強いと思います.

この時点で言い出しっぺは心遣いとして「をしい」ほこりを積んでいるのです.自分の力を人のために使うのを惜しむの話ではなく,自分のことにさえ力を出すのを惜しんで楽をしたがっているわけです.親神様は「願い通りではなく,心通りの働き」をしてくださるので,いくら勝ちたい!勝って楽をしたい!と思っても,その怠け心を受け取ってもらえることはないでしょうから,ジャンケンに負けることになるわけです.

勝つことだってあるだろうに!という反論をしたい方いますよね?ここまでは絶対論でしたが,ここで相対論的考え方をするわけです.

ジャンケンには相手が必要なので,今度はその相手の思惑を考慮する必要があります.挑まれた方は,「どっちでもいいけど挑まれたしいっちょ乗ってやるか」と思うかもしれませんし,「俺もやりたくない!何が何でも勝ってやる!」と思うかもしれません.どちらの心遣いをしても神様はお見通しです.

ここで勝負になるわけです.「ジャンケン・・・」っと言い出した時点で神様の秤で瞬時に計算がされます.その結果,やりたくない度の強い方が負けるわけです.そして,たいてい言い出した方が負けるのは,やりたくない気持ちがより強いからです.よりその思いが強いのでやらないで済むかもしれない方法を提案するという行動に出るのです.行動に出るかどうか,口に出すかどうかはその欲求がどれほど強いかを計る目安になります.出したということはそれ相応の欲求なり意図があります.今日の件に限って言えば,私は食事を終えた後,弟に食器を洗う話を持ちかけました.何も言わずにそれぞれが食器を洗ってもよかったですし,私が弟の分まで勝手に洗ってもよかったのです.それを私は「じゃんけんで負けた方が洗おうや」と持ちかけたのです.

何故って『このままだと弟は食器を洗わずに台所を去るだろう.そして私が食器を洗うことになる.ここでジャンケンをして勝てば弟に洗ってもらえる』と楽をしたくなったからです.弟は「いいぜ」と言い,ジャンケンをしました.結果,私が負けました.つまり,私の方が弟以上にきっと食器を洗いたくないと思う気持ちが勝っていたのでしょう.私から言い出したくらいですから,当然と言えば当然なのですが,それをすべて神様はお見通しだったということです.

弟にこの話をすると弟は「口で言ってもやらない場合にジャンケンに負ければ仕方なくやるだろうということを意図して,むしろ相手の成長を促す場合もあるんじゃないか?」と言いました.なるほど,そういう場合もあるかもしれません.

そして最後に「人に押し付けようとするその心がかわいそうや.自分からやれば徳を積めたものを」と言われました.確かにそうですね.

なすりつけ合いのジャンケンは言い出しっぺがすでに負けている!
たとえジャンケンで勝ったにしても,見えない徳の勘定上は何の得もしていないということを知っておくことは何かの足しになるかと思います.

私もいい勉強になりました.ブログが習慣になっていなければ,ここまで考えなかったでしょう.よかったら皆さんも考えてみてください.

(続きがあります)

>>最後までありがとうございます.
>>読み終えたら1クリックお願いします⇒人気blogランキング
>>PCでご覧の方はこちらもクリックお願いします⇒日記@BlogRankingFC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト
まおさん、たいへん詳しい解説どうもありがとうございました。m(__)m

ジャンケンについて、僕が教わった心理学の本の題名は『この世の悩みが0(ゼロ)になる』というもので、ジャンケンを通して人間の心理を説いてあるものでした。
これから、その本の内容を元にして心理学とお道の関連性などを僕のブログに書いていこうと思っていますが、ちょうどまおさんのブログでジャンケンの話が出ていましたので、もしかしたら同じ内容かな?と思い質問させていただきました。

その節の題は『負ける訓練』というもので「こちらが後出しでジャンケンをしても連続して五回負け続けることはひじょうに難しい」というもので、人間というものはほとんど常に「勝つこと」(人より優位に立ちたい、負けたくない)ばかり考えている人がほとんどだというのです。
だから、負ける訓練をすることにより(欲をなくすことだと思います)、悩みが少なくなってゆくというような内容でした。

僕はこれを読んで、教会の奥様に教わった『負け徳』というのによく似ているなあと思いました。
これは『負けることにより徳がつめる』ということなのですが、つまり人を勝たせるということは、その人を喜ばすということになり、結果として負けた自分が徳をつまさせていただくことになるというわけなのです。

まおさんは、どう感じられましたか?

(なぜかURLを入力するとうまく投稿できなくなりましたね~???)
[ 2006/12/24 19:02 ] [ 編集 ]
心理学的にどうのというのはわかりませんが私は「負け徳」というのはあると思います.負けるが勝ちという言葉があるように,辛抱する中に得られるものもあると思います.まぁ真剣勝負に「わざと負けてあげる」という配慮は不要だとは思いますので「負け徳」というよりは「譲り得」という方が言葉としては私はしっくりくる気がします.勝ち負けというよりは自分の我を通すのではなく,相手に譲る気持ちを持つということが大事なのかなと書きながら思いました.回答がズレてたらすいませんです.
[ 2006/12/26 08:25 ] [ 編集 ]
URL入力しても普通に投稿できました.ひろさんまた試してみてください.
[ 2006/12/26 08:27 ] [ 編集 ]
まおさん、レスありがとうございます!m(__)m

これは、僕個人の悟りなのかも知れませんが、やはり「勝ち負け」というのが、大事ではないかと思うのです。その理由は、「勝つ」というのは「高い心」で、『負ける』というのは『低い心』だと思うのです。

僕自身、はらだちの癖性分が強く人に負けるというのがとにかくきらいなほうでした。それで、勝負事が大好きでいろいろ研究をしたりして、とにかく「勝つ」ことばかり意識していました。

しかし、お道のお話を聞かせていただくようになり、勝った自分は鼻高々になってしまい「こうまん」のほこりをも積んでしまうことになり、負かした相手のほうをいずませてしまうということになるわけで結局二重にほこりを積んでしまうということです。
また、僕は、前生において「はらだち」の心がひじょうに強くたくさんの人達を倒して通ってきたから、今生では『骨つっぱりのつきよみの命様の御守護』を十分にいただくことが出来ないから足が立たないのだというふうに悟らさせていただいているわけなのです。(理の親さんからの諭しも含め、このように悟らさせていただいています。)
[ 2006/12/26 13:50 ] [ 編集 ]
やはり、URLを書いてしまうと投稿できませんでした。
何か再送信の画面となり、今回はURLの項目以外はすべで文字化けしていました。(もしかしたら、携帯からの投稿だからかもしれませんね~。)
[ 2006/12/26 13:55 ] [ 編集 ]
たくさんのコメントありがとうございます.ひろさんのおっしゃるような見方もあるでしょう.ただ私はそうは思いません.というのは,《「勝つ」というのは「高い心」で、『負ける』というのは『低い心』》とイコールで捉えてしまうのは早計と思うところがあるからです.人間ゆえ勝つ中に高い心が芽生えてしまうこともあると思います.しかし,それは必ず起こることではありませんし,個人の心がけで低く通ることもできるはずです.
ただ,ひろさんのおっしゃった面も多々起こりうることではありますので「勝ちの中にそういう心をもってしまうこともある」ということを知っておくことはとても大事なことですし,そのモニタリングを自分自身で行って,そうならないように気をつける,なってしまったときは早く気がついて改められばいいのではないかと私は思います.

「勝つことがほこり」なのではなく「勝つ中に高慢の心を抱いてしまうことがほこり」だと私は思います.「勝つことは悪しきこと」という誤解につながることを危惧して言わせていただきました.若造がご意見を申し上げるようですいません.
[ 2006/12/26 19:35 ] [ 編集 ]
まおさん、たしかにそのようですね。一概に「勝つ」=「高い心」、「負ける」=「低い心」とは言い切れないようです。

例えば、愛町の関根先生の伝記に『因縁に勝つ』というのがあります。これは、自分の悪因縁に負けてはいけないという意味で使われていると思います。
他にも自分の弱い心に負けてしまうとか誘惑に負けてしまうとかがあると思います。
『勝つ』=『すぐれる』、「負ける」=「おとる」という意味合いもあると思います。どうもすみませんでした。m(__)m
[ 2006/12/27 01:35 ] [ 編集 ]
私の方こそ生意気申し上げてすみません.どんな事柄も受け取り方次第と思いますので,ほこりとなる側面もあることを意識しつつ,事に当たるといいのかなと思いました.今後ともまたよろしくお願いします.
[ 2006/12/27 21:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近記事とコメント
気軽にコメントください.
全ての記事+過去ログ

2015年 12月 【4件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【3件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【5件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【15件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【17件】
2011年 04月 【38件】
2011年 03月 【41件】
2011年 02月 【42件】
2011年 01月 【20件】
2010年 12月 【18件】
2010年 11月 【15件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【14件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【15件】
2009年 12月 【16件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【15件】
2009年 09月 【19件】
2009年 08月 【17件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【15件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【16件】
2008年 10月 【23件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【28件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【28件】
2008年 02月 【26件】
2008年 01月 【27件】
2007年 12月 【24件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【34件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【30件】
2007年 05月 【33件】
2007年 04月 【35件】
2007年 03月 【45件】
2007年 02月 【37件】
2007年 01月 【39件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【27件】
2006年 10月 【37件】
2006年 09月 【24件】
2006年 08月 【20件】
2006年 07月 【16件】
2006年 06月 【21件】
2006年 05月 【13件】
2006年 04月 【6件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【6件】
2005年 12月 【9件】
2005年 11月 【5件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【4件】
2005年 01月 【12件】
2004年 12月 【9件】

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター