お道と臨床と~心づくりのたね~

お道(天理教)と臨床心理学の視点を含めて,まおという人間が考える日々の通り方や考え方について綴っています.日記風なこともわりとあります.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

グラスの効能  

人と話をするときにグラスやカップ,湯のみなどがあるのとないのでは心の余裕がまったく違うように思います.気を遣わない親しい間柄であればあまり関係ないですが,そうでない場合,緊張感や不安感が多少なりとも伴うものです.

そんなとき,手を伸ばせる位置にこれらがあることが役に立つのです.誰でも経験していることだと思いますが,飲食店や飲み屋でファーストドリンクが出てくるまでって何か落ち着かない感じがありませんか.飲み物が来ないうちは何回もおしぼりで手を拭いたり,おしぼりを折りたたんでいる人を見たことはないでしょうか.私はあります.自分も思い当たる節はありますが,何か腰を据えている感じがしないのです.単に飲みたい気持ちを抑えられないというわけではなくです.

しかし,一旦ドリンクが出てくると水を得た魚のように心が楽になり,緊張感が緩和され,落ち着けるのです.この手を伸ばせば届く対象があるということが間を埋めてくれるんですね.しかも,不自然さをかもし出すことなくです.ちょっと話題が途切れたとき,返答に困ったとき,手を伸ばして口をつけるという行動が我々を救ってくれているのです.ただ,あまりに頻回になると不自然さは否めませんが・・・何でもやりすぎはいけません.これは飲み物でなく,食べ物でも同様です.さらに言うと,書類など目を通すものがあるとより救われることがあります.視線をうつせるところがあるだけで気が楽になるんですね.実際,私も面接では発言に困ったときはしばしばメモ書きやカルテに視線を移すことが多いです.ドリンクがあればもう少し楽なのかもしれませんが・・・.

自分が話しやすくするためにももちろんですが,相手にリラックスして話をしてもらうためにも,このグラスの効能は日常から生かしていきたいですね.特に慣れない場所に来られた方などにはグラスや湯のみが空いているのを見たら「おかわりどうですか?」とすすめてあげる配慮をしたいものです.それが相手にいくばくかの余裕を与えます.ただ,早く帰りたいのに注がれてしまって帰るに帰れないということもありますので,相手の様子を見ての判断が求められますが・・・.


余談ですが,私個人が喫煙者を唯一うらやましく思うのはこの間を有効に使える効能についてです.飲み会などで運悪く話す相手がいなくなるときってあると思うのですが,そのとき喫煙者は煙草をふかしているだけで間をうまく作り出せていて,あまり孤独という印象がないんですよね,むしろ積極的にくつろいでるぜ!みたいな雰囲気さえ漂っていて様になっていると私には感じられます.一方,非喫煙者はこのウエポンがありませんので,グラスを口につけたり,食べ物をつついたりしてごまかすことは可能ですが,あとはボケーっとしているしかりませんので,しっかりと孤独感がにじみ出ます.学生の頃,運悪くこの事態に遭遇してしまったときは彼ら喫煙者をうらやましく思ったものです.もっともそれでも煙草を吸いたいとはまったく思いませんでしたけどね.



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近記事とコメント
気軽にコメントください.
全ての記事+過去ログ

2015年 12月 【4件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【3件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【5件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【15件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【17件】
2011年 04月 【38件】
2011年 03月 【41件】
2011年 02月 【42件】
2011年 01月 【20件】
2010年 12月 【18件】
2010年 11月 【15件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【14件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【15件】
2009年 12月 【16件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【15件】
2009年 09月 【19件】
2009年 08月 【17件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【15件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【16件】
2008年 10月 【23件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【28件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【28件】
2008年 02月 【26件】
2008年 01月 【27件】
2007年 12月 【24件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【34件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【30件】
2007年 05月 【33件】
2007年 04月 【35件】
2007年 03月 【45件】
2007年 02月 【37件】
2007年 01月 【39件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【27件】
2006年 10月 【37件】
2006年 09月 【24件】
2006年 08月 【20件】
2006年 07月 【16件】
2006年 06月 【21件】
2006年 05月 【13件】
2006年 04月 【6件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【6件】
2005年 12月 【9件】
2005年 11月 【5件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【4件】
2005年 01月 【12件】
2004年 12月 【9件】

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター