お道と臨床と~心づくりのたね~

お道(天理教)と臨床心理学の視点を含めて,まおという人間が考える日々の通り方や考え方について綴っています.日記風なこともわりとあります.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

枠組みを生かす 

こんな話があります.

ある人(Aさん)が勝ち負けにこだわったり,怒りや苛立ちを感じたりしやすい性格からどうも人と関わるとうまく付き合えないと.そのことを相談されたBさんは「どうして私には怒りや苛立ちなく接することができるのでしょうか」とAさんに問いました.するとAさんは「私はあなたに教えてもらう立場と思っていますから」と答えました.

それを聞いたAさんは【教えてもらう立場】に違和感を感じたため撤回しようかと思いましたが,あえて次のように言いました.「ならば,あなたの生活で関わる人に対しても教えてもらう姿勢で接してみてください.いいことも悪いことも人は他者を通して学ぶものです.よい行いをする人はよい模倣手として,悪い行いをする人は反面教師として,あなたはこれまでも色々周囲の人に教えてもらっていることと思います.上に立とうと思うのではなく,自らが1段下がり,低い心でもって教えていただくという姿勢で接してみてください.そうすれば,うまくいくかもしれません」と.

この話はここまでで結果がないので,その後どうなったのかわかりませんが・・・まぁ簡単に教えてもらう姿勢になれれば,今まで苦労していないとも思います.しかし,そういう視点に気付かなかったがためにできなかっただけで,それがフィットして解決してしまうケースもあるのでなんとも言えません.

相手の枠組みを利用したところは特記すべき点かと思います.自分自身を【教えてもらう立場】と持ち上げられるとある程度謙虚さのある人であれば,すぐさま「いやいや・・・」と撤回したくなるのではないかと思うのですが,AさんのBさんとの関係の枠組みを逆に他者への枠組みに利用するという発想は有用に思えます.その枠組みがその場ですぐさま利用可能であれば,(たとえ自分自身が腑に落ちなくとも)相手にフィードバックし,その枠組みをより広い範囲に適応できるように促すのも有効かもしれません.うまくいけば,この介入でAさんの他者認知が,推測ですが【人付き合いは競争である】とか【他人より上に立つべきだ】という枠組みから,【人付き合いは学ぶ場である】とか【他人から教えてもらおう】という枠組みに変化する可能性があります.

これは,わりと普通にやっていることだと思います.たとえば,家族には挨拶はできるけれども恥ずかしくて友達になかなか挨拶のできない子どもに挨拶を教える場面もそうかもしれません.

お母さん「たけしくんはどうしてお母さんにはおはようできるのかな?」
たけし「おはようするとお母さんが笑っておはようってゆってくれるから」
お母さん「そうね.お母さんおはようされると嬉しくて思わず笑っちゃうのよ.お友達のかなえちゃんも同じじゃないかな?今度会ったらおはようって言ってごらん」
たけし「うん,わかった.やってみるよ」

なんて,会話.【挨拶をすればお母さんは笑ってくれる】という枠組みを【挨拶をすれば友達は笑ってくれる】という枠組みに拡大させようとする試みですよね.同時に【友達に挨拶をするのが恥ずかしい】という枠組みが【友達に挨拶をすると気持ちがいい】という枠組みに変化する可能性もありますね.もっとも大人は子どもと違って余計な思慮が働きますから,こんなに簡単にはいかないことの方が多いかもしれませんが・・・.だから,素直な「さんさい心」は大切なんでしょうね.

話がそれましたが,このように枠組みは今現在のその人にとっての枠組みなだけであって,介入によりいくらでも変えることが可能なのだと思います.様々な思考やそれに伴う感情が妨げとなってなかなか変えられない面もありますが,うまく染みる言葉に出遭えると意外と枠組みが変わってしまうこともありますし,何度も試行錯誤しながら新しい枠組みを獲得していく場合もあります.どちらにしても,自分にとっても他人にとっても(要するに皆ですね),お互いにとって生きやすい枠組みを作っていけるといいですね.
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://tencp.blog80.fc2.com/tb.php/951-93b50ea1

本日は「枠組み」をキーワードに検索、「枠組み」について考察しているテキストを、ピックアップしてみようかと思います。
FC2カウンター
最近記事とコメント
気軽にコメントください.
全ての記事+過去ログ

2015年 12月 【4件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【3件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【4件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【5件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【4件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【15件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【17件】
2011年 04月 【38件】
2011年 03月 【41件】
2011年 02月 【42件】
2011年 01月 【20件】
2010年 12月 【18件】
2010年 11月 【15件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【14件】
2010年 05月 【21件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【15件】
2009年 12月 【16件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【15件】
2009年 09月 【19件】
2009年 08月 【17件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【17件】
2009年 03月 【15件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【16件】
2008年 10月 【23件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【28件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【28件】
2008年 02月 【26件】
2008年 01月 【27件】
2007年 12月 【24件】
2007年 11月 【27件】
2007年 10月 【34件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【30件】
2007年 05月 【33件】
2007年 04月 【35件】
2007年 03月 【45件】
2007年 02月 【37件】
2007年 01月 【39件】
2006年 12月 【36件】
2006年 11月 【27件】
2006年 10月 【37件】
2006年 09月 【24件】
2006年 08月 【20件】
2006年 07月 【16件】
2006年 06月 【21件】
2006年 05月 【13件】
2006年 04月 【6件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【6件】
2005年 12月 【9件】
2005年 11月 【5件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【4件】
2005年 01月 【12件】
2004年 12月 【9件】

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター